オルタナティブ・ブログ > 成迫剛志の『ICT幸福論』 >

”情報通信テクノロジは人々を幸せにする”を信条に、IT業界やアジア・中国を見つめていきます。

戸籍登録していることが自慢? ~ アンゴラ滞在記#8

»

日本企業の海外進出IT支援で滞在しているアフリカ アンゴラ共和国の首都ルアンダでの滞在記 No.8です。

以下、通訳をお願いしているアンゴラ人の自慢話。

僕の妻は、彼女の職場で非常に羨ましがられているんだ。 何故なら、

・IDを持っている (戸籍登録している)
・住民票を持っている (住民登録している)
・子供の出生届もしている
・税金も払っている
・運転免許も持っている

全ての登録手続きをやってる人と結婚しているなんてすごいね、
と言われているんだ。

ちなみに彼は、上流階級出身ではないが、外国の大学を卒業しており、
それなりに恵まれた層である。
しかもアンゴラ共和国の首都ルアンダの中心部での話である。

それでも、戸籍登録をしていることが自慢話になるっていうこの国。
まだまだいろいろなポテンシャルがありそうです。

Comment(1)

コメント

bhead

きっとポテンシャルはあるんでしょうが、諸々の問題を解決できないのではないかと思います。
私は中国在住なのですけど戸籍ネタも含めて似たような話も多々あり、活気はあるものの、このような格差の解消はまず無理だと思っています。上り詰めた先は一気に転がり落ちるのかなと。。

コメントを投稿する