オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

「この人は本物」と感じられる理由

»

本物とは何か?

「力に満ちている」のだと感じます。

本物の絵、本物の音楽、本物の書籍...、いずれも力に満ちている。

それは人物とて同じです。

不祥事により上場廃止した西武グループを守り切った後藤高志氏を初めて目の当たりにした1月23日。
微動だにしない姿から風圧のようなものを感じ、思わず記者席の椅子を握りしめました。

西武園ゆうえんちのリニューアルに切れ者マーケター・森岡毅氏を指名した後藤氏。

「この男に任せた」と、短く言い切る姿も力に満ち満ちていました。

このような骨太な経営者は昨今見かけなくなったと感じています。

反面、質疑応答でのおとぼけぶりも人間味が感じられて印象に残りました。

詳しくは、こちらの宣伝会議デジタルマガジンの執筆記事をご覧下さい。

「プロの力を発揮させる 西武HD後藤高志社長のプレゼン分析」

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する