オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

4月の花粉症

»

スギ花粉症に悩まされていた方も、4月中旬以降になれば皆さん快方に向かわれる方が多く、ほっと一息といったところですね。

ところが、私はスギ花粉症でもあるのですがヒノキ花粉症でもあるので、花粉症が継続しています。

数年前、「軽いかぜのような症状が長引くなあ」と思い、行きつけの耳鼻咽喉科の先生にアレルギー検査というものをしていただきました。
そうすると、「スギ」はもちろん、「ヒノキ」、「ホコリ」、軽度ですが「雑草」のアレルギーもあることが分かりました。

ヒノキになるとスギのときと少し症状が違ってきます。
スギは目と鼻がきついのですが、ヒノキになると鼻や喉の粘膜です。
今の時期、ほとんど方々がマスクを外されて、爽やかな春の空気を満喫なさっているとき、サングラスとマスクがいまだに手放せません。


まだまだ発声練習をするときに気を遣わなくてはならない時期が続きます。

他に生活で注意している点は以下です。

・ヒノキ花粉飛散が多い日の外出を避ける
(ベランダに出てみるとすぐに分かります)
・サングラスとマスク
(今の時期ですと花粉症とは思われないので、外出では気を遣います)
・洗濯物は屋内
(お風呂場に乾燥できる環境をつくりました)
・アレルギーのお薬も使う
・お掃除をまめにする。ルンバをかけて、隅っこはぞうきんがけ。
・寝室も念入りに。

じつは、一昨日、お布団専用の掃除機「レイコップ」を購入しました。

本当は、掃除機でもゴミやダニの死骸は十分とれるそうなのですが、床を掃除している掃除機で布団を掃除したくなかったというのも理由の一つです。

重さがあるので,布団に吸い付くようになり、軽く移動するだけでホコリを吸っているような気がします。
専用のフィルターに白いホコリのようなものが一杯ついています。この中にダニの死骸があるのだそう。

2回のレイコップ使用と、寝室の掃除で、就寝中はかなり楽になりました。

ただ、まだ2回しか使用していないので、どれだけの効果があるのか分かりませんが、しばらく使用してみたいと思います。

レイコップ IMG_2198.JPG

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する