オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

声が良く仕事が上手くいっている人の共通点 簡単に口角を上げる【口角アップスペシャル】

»


プレゼンなどで口角が下がっている人がよく見受けられます。
何か辛そうで、苦しいものを背負っているような表情に見えます。
初対面でこういう印象がついてしまうとなかなか改善できません。

そこでさらに暗い声で話されると、あまり良い話を聞いた感じがしなくなり損をしていると思います。

口角が下がっている人の表情は、寂しそうで暗いイメージがしてしまいますね。
また、年齢がそれほどでなくても、実際より老けて見えてしまします。
小学生の生徒でも、すでに口角が下がっている子がいて、実際より上の学年に見えていました。

口角は、意識していないとどんどん下がってきて、取り戻しが効かなくなりますから注意が必要です。
とくに、一日机に向かって仕事で頑張りすぎている人、表情もとぼしくなりますので、さらに筋力が衰えてしまいます。

仕事で上手くいっている人の口角を見ると、たいていの方は下がっていません。

また、口角が下がるということは、声も暗くなり、響かなくなりますから、ボーカリストにとっては致命的です。
素晴らしい歌手はかなりの高齢でも口角は下がっていませんので、いつまでたっても若く見えます。


そこで、ボイストレーニングでも行っている、簡単に口角を上げる方法をお教えしましょう。

【口角アップ・スペシャル】

(1)唇をぴったりと閉じ、口角をあげるように笑う。(見た目はそんなに上がらない)

(2)左右の人差し指を立てて、口角をトントンと軽くたたく

(3)唇の両端に1本ずつストローをくわえ、出来たてのフラペチーノを圧をかけて吸い込むようなつもりで、口角が少し痛くなるくらいに緊張感を持たせる
(ストローとフラペチーノはイメージするだけ。実際に用意する必要はない)

(4)唇の両端に1センチくらい離して左右の人差し指を立て、口角を持ち上げるイメージで指をゆっくりとあげる。ゆっくり20数える。(何回か行うと良い)

これを行うと、口角が上がり笑顔が出やすくなりますし、声も響くようになります。

最近、素晴らしい口角の経営者を見ました。

サントリーの新しい社長、新浪剛史さんです。
キュッと上がった口角が本当に素晴らしく、声も大きくよく響きます。背後から光りが差しているように見えました。
こういう人が社長になった会社は、他人から見ると、ついつい将来が明るいように感じてしまいます。

ちょっとくらい苦しくても、口角を上げるようにする。
仕事も人生も開けてきます。

Comment(0)