オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

巡り会う方々

»


最近嬉しいことがあります。

講演やセミナーにうかがうと、終わってから「千佳先生!」と声をかけてくれる方がいらっしゃるのです。

「千佳先生」などと呼ぶ人は周囲にいないので、皆さん目を丸くして振り向かれます。
担当者の方も驚いています。

この呼び方で呼んでくださる方は、以前社会人合唱団でご一緒だった懐かしいメンバーです。いつまでも前と変わらずに呼んでくださって、有り難いなあと思います。

今まで何百人という社会人の方々とご一緒させていただいていますので、企業をまわっていれば、いつかはこういう方と巡り会うのではないかと思っていました。意外に早くその機会はやってきています。

本当に嬉しい瞬間です。
やっていて良かったと思います。

最初は私とはわからずに参加されて、来てみたら分かったということもあるそうです。

何年も前に仕事の関係で合唱をやめていたところ、メールをくださってお会いする方もいます。
また、ソロを始められて、難しいアリアを勉強され、わざわざ伴奏合わせとレッスンにいらしてくださった方もいます。

以前の仲間が、こうして時間が経過しても、ご縁があり、心が通い合っていることを知ることができるのは本当に幸せな気持ちになります。

今までやってきたこと、すべてのことに意味があるのだとあらためて考えさせられています。

人生の宝物のような出来事です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する