オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

良い声を出すためにお酒やタバコはだめなの?

»

ボイストレーニングのレッスンで、意外に多い質問がこれです。
 
「お酒を飲んでもいいの?」
「タバコ吸っても大丈夫?」
 
私は、基本的に両方ともあまりお勧めしません。
 
発声のトレーニングをするということは、普通におしゃべりしているときよりは喉を使います。
 
一生懸命に運動をしたら血行が良くなり、その後、疲労しますね。
それと同じような状態になります。
 
血行がよくなる。充血する。
声帯やその周辺はとてもデリケートな部分。
そこに、お酒やタバコの刺激がいくのはあまり良くありません。
アルコールの場合は、顔が赤くなってしまうように、喉もさらに充血やはれにつながりますから気をつけなくては声に来てしまいます。
 
100歩譲って、「お酒を飲む場合、たくさん練習したあとは控えめにしてくださいね」とお願いしています。
 
かく言う私は、とっても控えています。
飲むと、次の日は本当に声の出が悪いのですよね。効果的面です。
なので、どうしてもおつきあいのときは、「一口飲んだら、そのあとすぐ水を飲む」という飲み方をすると、だいぶ負担は減ります。
 
「チェイサー」とも言うようですね。
でもチェイサーはアルコール度数が高いお酒に行うものですけど、私はビールでも行います。
 
お酒の強い方には、あんまり美味しくない飲み方に思えますが、アルコール度数も下がるし、舌がリフレッシュされて美味しく感じますよ。
 
あと、風邪をひいたらレッスンはお休みしてください、とお願いしています。
 
風邪のときは、のどが充血しているので、出し方によっては、いつもより良い声が出てしまったりするものですが、その後がサイアクです。
声を戻すまで何日もかかります。
そのリスクを考えたら、「どうしても本番」という場合でなければ、お休みすることが一番です。
 
 
私の知る限り、一流のプロフェッショナルはほとんどの方が、お酒は控えめ、タバコも吸わないという人が多いと思います。
 
ただ、人類史上最高のバリトン歌手と言われた、デートリッヒ・フィッシャー=ディースカウは喫煙家だったみたいですね。よほどお丈夫だったのでしょうか。
 
また、美声で有名だった声優で俳優の、城 達也さんもタバコを吸っておられたとか。
 
声の良し悪しでタバコは関係ないのかもしれませんが、やはり「あまりおすすめしないですね」とはお答えしておきます。

Comment(2)

コメント

まゆ

コメント失礼します。。
元々5年間合唱をやっていたのですが、やめました。普通に歌う事も大好きだったので、合唱のない日は普通の歌を歌い、特に癖もなく、自分の歌に割と満足はしていました。たばこを吸い始めて音域が狭まり、いつも喉にかかったような歌い方になります。
息漏れも激しくなり、発声練習をしてみても前と同様変わった気はしないのですが、常に喉がしまってる感じがします。。
たばこは吸い始めて1年になり、一時はストレスでイライラしてて1日に2箱のペースの時期が1ヶ月くらいありました。
禁煙始める前は、1日に10本くらいでした。
お酒はきっちりやめたのですが、たばこを中々やめられず、今やめられそうなかんじです。たばこをやめてどのような練習をすれば前のように歌えるのか、またどういった練習をすればいいのか知りたいです。。どんなにきつくても前の歌声を取り戻してそれ以上に歌と向き合いたいです。

まゆさん
お返事遅くなりました。声帯のコンディションを整えると良いでしょう。そのためには、「エッジ」というトレーニングが有効です。こちらに方法を書きましたのでご覧ください。→「頑張って大きな声を出していても上手くならないその理由 知的で説得力のある響きを手に入れるビジネスボイストレーニング 『声帯攻略編』」http://blogs.itmedia.co.jp/nagaichika/2012/10/post-ff05.html 私も、喫煙はしていませんが声帯の調子を整えるために行っています。まゆさんもぜひお試しくださいね。好きな歌を思い切り歌えるようになると良いですね。何かありましたらまたご質問ください。

コメントを投稿する