オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

シンプルだからこそ力量の差が分かる

»

一昨日から連続で取り上げている指揮者ブリュッヘンと「18世紀オーケストラ」ですが、ブリュッヘンはもともとはブロックフルーテという古い時代の縦笛の名手でした。
この楽器、リコーダーとも言われています。
 
リコーダーだったら、誰でも演奏できる簡単な楽器だと思われがちです。
私もそう思っていました。
 
音楽高校に入学したばかりの頃の話です。
廊下でよくリコーダーを練習している音大生がいました。
「なんで中学校で教わるリコーダーをここで吹いているんだろう。」と不思議に思っていたのです。
 
その後、古楽器に興味のある友人に誘われ、古楽器の授業を受けて、これがブロック・フルーテだということを知りました。
 
当時、モダン楽器(現代の楽器)よりオリジナル楽器(古楽器)のほうがレベルが低いのでは、という間違った認識があることも聞きました。
特に、リコーダーは小学校低学年でも吹くことができることから、日本ではおもちゃ楽器のように取り扱われている傾向もあります。
 
しかし、オリジナル楽器のようなシンプルな形状の楽器は、演奏するのがとても難しいのです。
音程を正確に保つことが難しく、プロとの力量差が歴然と現れる楽器でもあります。
 
古楽器の授業で
「古い楽器だからこそ演奏するのは高度な技術が必要なんです」
と演奏家でもある先生が強く語っていたのをよく覚えています。
 
今日は、そのブリュッヘンのブロックフルーテの演奏で、テレマン作曲のファンタジーを聴いてみることにしましょうか。
 
Telemann - fantasie nr. 3
 
心に染み入る暖かい魔法のような音。生き生きとしたリズム。
リコーダーってこんなに表現力のある楽器だったのか、というのを改めて感じます。

Comment(2)

コメント

ko1231

先日よりのブリュッヘンのリンクありがとうございました。特に8番素敵でした。
それにしても、このリコーダー演奏もそうですが、他の音楽でも終始単音なのにコード感が出るものがあるのはなぜなのかいつも気になります。アルペジオで人間が体験的に推測するからなのかなと思ってましたがそれだけでもなさそうです。素人意見ですみません。

ko1231さん
素晴らしいことにお気づきになりましたね。リート(歌曲)の伴奏を専門にしている友人のピアニストが「良い歌手は必ずハーモニー感を持っている。いくら声が良くてもハーモニー感のない歌手はダメ」とよく話していました。メロディの背後にある立体的なハーモニーを感じながら歌っているということなのですよね。

コメントを投稿する