オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

明日世界が終わりでもリンゴの木を植える

»

小さな子どもたちを見ていると、すごいなあ、と思うことがあります。
 
さっきまで泣いていたかと思うと、もう笑っている。
明日の心配もしていない。過去のことを悔やんでもいない。
 
今を生き切ることができないでいる自分が、もどかしくてたまらなくなる瞬間です。 
 
 
予想されている関東大震災は、実はまだきていないのだそうです。
 
今回の被災地での被害の凄まじさを見てしまうと、これが首都圏直下でおこったらどうなってしまうんだろうか、と思ってしまいます。
 
もしかしたら、明日来るかもしれない。
いや、次の瞬間に来るかもしてない。
 
「そのとき自分ははたして生きているのか。」
 
モヤモヤとした不安がこみ上げてきます。
 
子どもたちはそんなことは考えず、キラキラとした今を生きて、きっと、地震がくる直前まで、無心に遊んでいるのでしょう。
 
大人が刹那的ではなく、この境地に達するには、意志の力がいると思いました。
 
 
たとえ明日、世界が終わりになろうとも、私は、リンゴの木を植える。
 
 
マルティン・ルターの言葉です。
 
 
今自分のなすべきことは、覚悟をもって信じている目の前の仕事に行じること。
そのことを教えてもらったような気がします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する