オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

ことばを尽くす

»

昨日、東急たまプラーザ(田園都市線たまプラーザ駅前)の「福島の元気野菜フェア」に行ってきました。
 
4月16日の記事でも書きましたが、東急たまプラーザが「がんばれ被災地フェア」を検討していただけたのではないかと思いました。そしてこの難しい局面でフェアを開催したデパートの決断にも頭が下がります。
こちらから、被災地フェアのお願いメールをしたあと、大変丁寧なお返事をいただいていました。その中には、宮崎県の口蹄疫問題のとき積極的に宮崎産の豚や牛のお肉を仕入れて、「宮崎応援フェア」を実施していた実績が書かれていました。
 
そういえば口蹄疫流行真っ只中の当時、兄弟へのお祝いにと、しゃぶしゃぶ用の牛肉をこのデパートから贈ったことがあったのですが、宮崎産だったことを思い出しました。
親戚に獣医師がいるので、あらかじめ食べても問題ないと聞いていたし、あまり気にはしていませんでした。
問題ある場合は、輸送のときだそうです。血液中にウイルスがあるため、拡散してしまうのですね。
「その時出てた肉は、輸送のことがあるので、口蹄疫が流行する前の冷凍していた肉だと思う。もし万が一食べたとしても人間には全く問題ない」
と説明してもらえましたので、安心していたのです。
  
 
昨日の話に戻ります。
 
「福島元気野菜フェア」に、福島から農家の奥さまが販売員としていらしてくださっていました。
 
ある女性のお客さんが、販売している方が福島の方だと分かったとたん顔色が変わったのです。
そして、農家の奥さまが身体に触れたとたん
「触らないで!触らないでよ!」
と強く言いながらその場を去っていかれました。
 
ひたすら「ごめんなさい」と謝ったあと見せた農家の奥さまの表情・・・。
 
私は横に立っていて何と声をかけていいのかわからずにしばらく立ち尽くしていました。

「応援しています。」
 
それだけ申し上げて帰りました。
 
きちんとした情報がなされていない。
このことが、悲しい結果を生んでいます。

本当に知りたければ、本気で調べれば、分かることも多いのですが、やはり、ことばが必要なのだろうと思います。
 
農家を守る対策も急を要しますが、こういうときだからこそ、良い面も悪い面も含めて、学者の方々からきちんとした説明があってほしい、と強く感じました。

Comment(6)