オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

CDは腐る?音楽メディアの寿命

»

最近、日本を代表するようなクラッシック専用のホールで演奏会の録音をお願いしたら、なんと音源をMDで手渡されました。
 
しかし私はMDプレーヤーを持っていませんでした。
そのためだけにMDプレーヤーを買い、そしてまだ2回しか使用していないのですが、今MDってどのくらい使われているのでしょうか?
そのホールは1995年にオープンしているので、そのときから録音機材は当時のままということなのかもしれません。
 
1989年から1993年頃に書かれた石井宏さん著書の「CDは腐る」に興味深いことが書かれていました。

     ・・・・・(以下引用)・・・・・
 
「湿度95%の部屋の中で、2時間室温を摂氏65度にし、続いて40度にして12時間、さらに30度にして2時間置く」という環境の中にアルミのCDを数枚置き前記の状態を繰り返していくと30回目、つまり約3週間後には「全てのCDが再生不可能になり読み取りエラーの率はもとの状態の千倍以上になる」(中略)室温で保存したとして製造後十年から十五年の間に演奏不能のCDが出てくるのではないかというのが客観性のありそうな予想である。(中略)
レコードの百年史は大ざっぱにいえば、蝋管やシェラックの時代が70年、LPやステレオのビニール・レコードの時代が30年、そしていまCDに入ったところであるが、進歩の速度からすると、この鳴り物入りで革命的といわれたCDの寿命も、それほど長くないような気がする。明日、テレホン・カードのようなものが"レコード"だといわれるようになるかもしれない。そのとき人は「CDのほうが音が良かった」というのだろうか。
 
     ・・・・・(以上引用)・・・・・

私はこの頃、CDをほとんど買わなくなってしまいました。勉強のためだけだったらもうyoutubeで十分です。
好きな演奏はiPhone 1台にほとんど入ります。良いヘッドフォンでしたらびっくりするくらいの音で聴けます。これからヘッドフォンやイヤフォンの高級化がさらに進む理由のひとつとしてiPhoneやiPodの普及もあるのではないでしょうか?
だから、以前買ったCDはほこりを被る一方なのです。しかもCDは腐食するらしいので、注意が必要です。特に名演奏ほどお蔵入りしてしまうことが多いので早めにデータをとっておくのがいいかもしれませんね。(参考記事「CDやDVDにも寿命がある!?」)
 
約20年前、まさに石井さんが予想したとおりの時代になっています。
 
私は現在アナログテレビを使用しているのですが、先日録画のためにVHSビデオを買いに出かけたら、近所の電気屋さん、コンビニ、パソコンショップなど、どこにも売っていませんでした。
 
今や、録画機能はテレビに内蔵されているのです。
ビデオテープがいらなくなるわけですね。
 
VHSが市場からほとんどなくなろうとしている今、CDが売られなくなる時代の到来も現実味をおびてきたように感じます。

Comment(6)

コメント

MDでびっくりなんて、まだまだ。
日本シャンソン協会が開催するアマチュア・シャンソン・コンクールは昨年まで、「MD、もしくはカセットテープで」応募しなければならなかったのです。
カセットテープをどこで買ったらいいのか、オタオタしてしまいました(MDで応募しましたけど、予選落ちでした)

ricolaさま
コメントありがとうございます。
カセットテープとは強烈ですね!聴くにはテープレコーダーが必要ってことですよね?!合唱団でも、つい最近までカセットテープで録音するシニアな方々がいらっしゃいました。しかしこの頃は一台も見かけないので、さすがに売ってないのでしょうね。。。

ひろ

今でも演歌のシングルなどでは普通にカセット版も販売されていますよ。

CDのフォーマットというのは30年以上前に開発されたと思うのですが、デジタル技術が日進月歩のこの時代で未だに音楽メディアの主役というのは、改めて考えてみれば感心しますよね。レーザーディスクが消え、近い将来MDも消えるのでしょうが、ひょっとしたらCDは永遠に残るんじゃないかという気もします。

ひろさま
コメントありがとうございます。
演歌はカセットテープまだ販売されているのですね。気がつきませんでした。おっしゃるとおり、CDも需要がある限り残り続けるかもしれませんね。

himat

少なくはなってますが、ホームセンターやディスカウントショップ、それと100円ショップでは現役ですよー。
でCD、基剤のポリカーボネートが加水分解する上に溶剤劣化も有る、吸湿するとアルミ反射膜が腐食しておじゃんになります。
-Rにいたっては、色素利用の為、光劣化で簡単に消えてしまいます。
逆に云えば、水や空気を遮断してしまえば劣化を押さえられるわけで、大事なものはコピー作ってから塩ビ袋で真空パックして冷暗所に保管してしまえば長寿命が期待できます。
寿命で云えば、そして原音記録に関してもメタルカットしたアナログ盤には遠く及ばない・・・・。
なんといっても133年前のロウ管が再生できるわけで、其より遥かに記録力、耐久性に優れたメタルカット盤ならば、寿命なんて無いと言っていいです。
短期の取扱いだけに目を向けず、超長寿命に着目した記録メディアが開発されるべきだと思いませんか?


himatさま
コメントありがとうございます。参考になりました。
以前、オーディオに凝っている方のところで、丁寧に再生したアナログ盤を聴かせていただいたことがありますが、やわらかくて広がりのある音に感動したことがあります。本当にCDの寿命ももう少し延びるといいですね。

コメントを投稿する