オルタナティブ・ブログ > 永井千佳の音楽ブログ >

ライフワークとしての音楽を考えていきます

「今すぐにでもiPhone にしたほうがいい」 ピアニストにもすすめたいiPhoneとは

»

iPhone 4に変えてもうすぐ4ヶ月になろうとしています。
 
以前の3Gと比較すると、メールやインターネット接続の爽快なスピード感が気持ちよく、タッチパネルの感度も良い、文字も速く打てる、写真も綺麗、ビデオも録画できる、といいことづくめ。
 
実は、3Gの分割がまだ1年強残っている状態で買い替えたのですが、今ではそれを待たなくて良かったと思っています。
 
しかし3G時代から通じてiPhone を選んで正解だったと強く思っていることが一つあります。
 
それは、単純に「タッチパネル」だということです。
 
わたしは以前、腱鞘炎になったことがあります。
腱鞘炎は、ピアニストが最もなりやすく恐れている怪我。
3年間、いつ治るのか見通しもたたない時期を過ごしました。
結局、練習のやりすぎだったのだと思います。
 
そんなこともあって、iPhoneの前に持っていた、ごく一般的な携帯電話の使用感は、親指ばかりをカチカチと使うことに抵抗感がありました。ちょっとでも長いメールを打ったあとは、確実に手が疲労しているのを感じるのです。
だから、携帯でのメールはなるべくしないようにしていたくらいです。
 
わたしにとって初代のiPhoneである3Gに変えて、確かにスピードは遅かったのですが、このタッチパネルは、ダントツに楽で「安心」。
こんなに良いならば早く変えればよかったと、目からウロコでした。
怪我の可能性が減ると思えば、高くない買い物だと思いました。
 
携帯電話、そしてネットとは切っても切れない生活となっている昨今。
便利の代償として、出来るだけ身体に負担のない方法を工夫していかなくては、と思っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する