オルタナティブ・ブログ > むささびの視線 >

鳥のように高いところからの俯瞰はできませんが、ITのことをちょっと違った視線から

データセンターは日本にきたけれど、バックアップは海外でもOKなのか

»

 昨日、Salesforce.comの東京データセンターが開設というニュースが発表になった。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1112/15/news023.html

ソーシャル革命の旗手ベニオフ氏 ニール・ヤング、原口議員、豊田社長らと語らう - ITmedia ニュース via kwout

はてなブックマーク livedoor クリップ Yahoo! ブックマーク

 NTTコミュニケーションズのファシリティを利用したもので、東京といいながら神奈川にあるらしい。これで、海外にデータを置くことに懸念をもっていた企業が、晴れてSalesforce.comのサービスを利用できるようになるというわけだ。

 ところで、昨日発表のリリースに気になる一文が。それがこれ、「セールスフォース・ドットコムの北米データセンターが100%バックアップ」とある。 災害対策とか考えたら、これはまさに歓迎するべきこと。これがあれば、自分たちで遠隔地にスタンバイサイトやバックアップサイトを構築する必要もなくなる。

 でも待てよ、そもそも海外に重要なデータを置くことに懸念があったわけだ。本番データでなく、バックアップだった海外に置いても問題がないのだろうか?これ、もしバックアップもやっぱり海外には置きたくないのだよってことになると、せっかくのこの便利な「北米100%バックアップ」という機能を、あえて使わないようにするのだろうか。うーむ、なんとも悩ましい。

 私が悩んでいても始まらないので、こんど機会があったなら、この問題をどうとらえているのか、Salesforce.comなりあるいは利用しているユーザー企業なりに聞いてみたいなと。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する