オルタナティブ・ブログ > 「島ナイチャーの沖縄探訪」 >

沖縄の自然と歴史とIT事情をナイチャーの目でレポート

月の土地

»

めんそ~れ!

月に水があるのではないかということで、NASAが月探査ロケットを月面に衝突させて確認したところ、月に豊富な水があることが発見されてようです。

将来、資源探索のための月面基地などで使える可能性があると報じられています。

今から思えば、1969年にアポロ11号が月に着陸したあと、月へのアプローチが途絶えていたのが非常にもったいなく感じられます。

あのとき、本当に月に到着したのでしょうか?

映画じゃないですが、本当はアメリカの砂漠で撮影したということはないのでしょうか?

14~5年ほど前、アメリカで月の土地が売られていて話題になっていると聞いて、当時やっとインターネットが使われ始めたばかりでしたが、英語を読んでネットで購入しました。

当時、1エーカーが100ドル以上していたと思います。確か家族4人分で、50,000円以上払った記憶がありますので。

当時は、1エーカーにつき、2枚ほどの青焼きの権利書が送られてきました。

今は、1エーカー3000円で、日本でも購入できるようです。かなり安くなっています。

値上がりするかと思っていたので、少し寂しいですが、当時は、現在のように日本人向け区画みたいに分けられていなかったので、私の土地の近くにハリウッドスターたちが土地を購入していたりして、嬉しかったことを覚えています。

ところで、今後月の開発が進んで、私の土地から重要資源が出てきたりするとどうなるのでしょうか?

本当に権利があるんでしょうか?

今は、3000円ほどに値下がりしているのを見ると、権利は主張できないのかなぁ。。。

Comment(1)

コメント

なにわのオッサン

それ、昔日本でもあった原野商法と同じ詐欺とちゃうのん?

コメントを投稿する