オルタナティブ・ブログ > mtaneda ブログ >

中小企業の開発者は会社で何をしているのか

Debian 6 で ATOK X3 を使う

»

Debian 6 で、ATOK X3 を使う必要が出たのですが、手順通りインストールを行うと・・・

error in Version string 'trunk_r3104-js3': invalid character in version number

というエラーが出て先に進めませんでした。

どうも、ATOK X3 のパッケージ群の中に含まれる _ が禁止文字らしく、それでエラーになっている様子です。

そこで、deb パッケージを強制的に書き換えて対応することにしました。

書き換えが必要なのは、次のパッケージ
ATOKX3/bin/deb/IIIMF 以下

iiimf-client-lib_trunk_r3104-js3_i386.deb
iiimf-protocol-lib_trunk_r3104-js3_i386.deb
iiimf-gtk_trunk_r3104-js3_i386.deb
iiimf-server_trunk_r3104-js3_i386.deb
iiimf-x_trunk_r3104-js3_i386.deb
iiimf-properties_trunk_r3104-js3_i386.deb

書き換え方はとても簡単です。
例えば、iiimf-client-lib_trunk_r3104-js3_i386.debなら、


$ ar xv iiimf-client-lib_trunk_r3104-js3_i386.deb
$ rm iiimf-client-lib_trunk_r3104-js3_i386.deb
$ tar xzvf control.tar.gz
$ rm control.tar.gz
$ vi control
  trunk_の_を-に書き換える
$ tar cvzf control.tar.gz md5sums control postrm shlibs postinst
$ rm md5sums control postrm shlibs postinst
$ ar rcs iiimf-client-lib_trunk_r3104-js3_i386.deb debian-binary control.tar.gz data.tar.gz
$ rm debian-binary control.tar.gz data.tar.gz

とするだけです。

これを必要なパッケージ分行えば、インストーラでエラーが出ることも無くなるでしょう。

最後にインストールを終えてから、input method switcher で iiimf を選べばOKです。

20120311_163724

Comment(1)

コメント

新入社員Uです。
debian 6 は x86_32 でしょうか?
x86_64 だと 付属の iiimf 関連がインストールできずにやむなく諦めた経験があります。

コメントを投稿する