オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

「ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者」を読んで、事例を学ぶ心得について改めて考えた

»

「ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者」を読んでいます。

500ページを超える大著ですが、iPad miniのKindleで読んでいるので、持ち歩きは楽ですね。

 

アマゾンの成功について、アマゾンの関係者に徹底的に取材して書かれた本は、恐らく本書が初めてではないでしょうか?その意味でも本書は大いに価値があると思います。

一方で本書のAmazonの書評にも書いておられる方も多いのですが、ジョブスの本のようにドラマティックな展開は比較的少なく、やや単調でもあります。

逆にこの単調なこと(と言っても、その一つ一つも凄いばかりなのですが)を、着実に実行し、数多くのイノベーションを積み重ねてきたところに、未来を見据えているビジョナリーとしてのペゾスの非凡さがあるように思います。

 

一方で、アマゾンは多くのリスクにも直面してきました。アマゾンが成功してきたのは、ペゾスの凄さに加えて、特に初期の頃に幸運が味方した面も大きいのかもしれません。

「ベストプラクティス」として成功事例を学ぶ際の危険は、ここにあるのではないかと思います。成功事例の結果だけを見て、その成功をなぞろうとするのです。

「風がない日は、凧は上がらない」という言葉もあります。多くの成功事例は、絶妙なタイミングにも恵まれているのです。加えて運も味方している部分も大きいのでしょう。

私たちが事例で学ぶべきは、考え方や判断の基準、リスクへの処し方、リーダーとしての態度、成功までの失敗の過程、等ではないか、と改めて思いながら、読み進めています。

 

とは言え、まだ本書は半分まで読み進めたところ。後半も楽しみです。

 

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する