オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

誤報だった、昨日の緊急地震速報

»

昨日夕方、スタバで仕事をしていたら、店内にいるお客さん全員のスマホやら携帯が、いきなり一斉に鳴り響きました。

なかなか経験できない貴重な体験でした。

すぐにTwitterのタイムラインをアクセスしたところ、緊急地震速報で「奈良県でM7.8、最大震度7」とのメッセージ。

奈良県の北西には原発がたくさんあります。とても心配です。

こういう時はすぐにYahoo!の地震情報にアクセスするのですが、アクセスが殺到しているためか、なかなか表示されません。

何回か試したところ表示されました。大きな地震の情報はありませんでした。

そのうちTwitterで「奈良県だけど、何もないよ」とのメッセージ。

誤報だったことが5分後にわかりました。

 

ITmediaニュースに記事が掲載されています。

緊急地震速報、過去最大規模の“誤報” 原因は「地震計のノイズの途切れ」

 

いきなり「ドン」と大きな揺れが来るよりも、間違いであっても、事前にわかった方がいいですよね。

たとえば自宅にいて、地震が来る前に10秒程度の余裕があれば、大きな冷蔵庫や本棚の近くにいたら離れたり、火を使っていたら消したりすることで、圧死や火事のリスクを大きく下げることができます。

毎日誤報があると「オオカミ少年」になってしまいますが、確実に知らせることが出来るのであれば、ある程度の誤報は許容すべきなのではないかな、と思いました。

 

それにしても、5分程度で誤報だったことが個人で調べられるとは、便利な世の中になったものです。

 

 

Comment(1)

コメント

わんたん

現在は地震の時はヤケド等のリスクが大きいので火元には近づかないというのが、スタンダードみたいです。
昔と違って、自動的に消火される機材が増えてますし、熱湯などを被らない程度離れることをオススメします。

コメントを投稿する