オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

個人がグローバルへの情報発信したい場合、Facebookはとても使えるかも!?

»

年末に新著の英語版を書きながら、Facebookを色々といじっていました。

 

何回か当ブログで書いていますように、新著を日本語版と英語版で書いています。

日本語版の情報は当ブログで情報発信できますが、現時点では英語で情報発信する手段がありません。

当ブログは日本語ブログなので、当ブログで英文で書いても、当ブログの読者の方々にはご迷惑です。

また、本来リーチしたい海外の方に対しては、本文だけ英語で書いても、当ブログでは周りの情報(「最近のエントリー」や「最近のコメント」など)が日本語なので、これも不親切。

そもそも、海外の検索エンジンで当ブログが引っかかるかどうかも微妙です。

ちなみにGoogleで、"Value Proposition Takahisa Nagai"で検索すると、言語=日本語では当ブログは上位に表示されますが、言語=英語では全く表示されません。

つまり、当ブログで英文コンテンツを書いても、リーチしたい海外の方々には、なかなか情報が届かないということですね。

 

英語環境のブログを作ることも考えたりしながら、色々な人にご相談しましたが、現時点ではまずFacebookのファンページを作るのがよいのではないか、という結論に至っています。

やはり、5億人以上のユーザーがいることは魅力。

 

ということでFacebookを触っています。

なかなか面白いですね。

10年近く前に一緒に仕事をしていた米国人の同僚(現在は定年退職)と思いもがけずに再会したり、一昨年まで日本で一緒に仕事をしていた米国人の同僚と友人になったり、中国人や英国人の昔の友人が見つかったり、と、色々と面白い発見があります。

日本からグローバルへの情報発信ツールとして、かなり有力な手段なのではないかと感じています。

ファンページも作り始めていますが、情報が少なく、試行錯誤しながら作成中です。

新著の英語版ドラフト作成が一段落したら、英語版ファンページをしっかり作り込みたいと思います。

 

できれば、英語版TypePadのような英語環境のブログと組合わせるとベストですが、これも体力があれば是非やりたいところです。

 

 

Comment(0)