オルタナティブ・ブログ > 永井孝尚の写真ブログ >

ライフワークを持とう。ライフワークを究めよう。

英語の文章を作るのに、「英辞郎 on the Web」(無料)が結構使える件について

»

母国語でない英語で文章を書いていると、なかなかよい言い回しが思いつかない、っていうこと、ありませんか?

3冊目の本の英語版を書いていますが、まさに今、私はそんな状況です。

そんな場合、英辞郎 on the Webが結構役立ちます。(しかも驚くべきことに、無料です)

 

・まず、収録語数が極めて多い。2010年12月15日時点で、英和見出項目数は180万9000、和英見出項目数は210万です

・しかも、これらの膨大な語彙をすぐに検索できる

・それも、前方一致だけでなく、用例で、後方一致や文章の中間で使われている場合にも、検索できる。用例を探す場合、これは本当に助かります。

・さらに、検索窓に入れる言葉は、日本語でも英語でもOK。英語の文章を書いていると頻繁に英語や日本語で調べるのですが、言語を切替える必要ないということで、使い勝手は大幅によくなっており、書く時間が短縮できます。

 

今の辞書に不満をお持ちの方は、一度試してみるといいかもしれません。

尚、iPhone版(無料)もあります。これも結構便利です

 

Comment(2)

コメント

Fufuhu

私も使っています。
通常の英和・和英辞書と違って専門用語もかなり網羅されているのがいいですね。専門の英和辞書は高いので学生には手が届かないので大助りです。

周囲の学生もみんな英辞郎on webがあればひとまずは大丈夫って感じになってしまっています。自分としては有料版の方も気になるのですが…

Fufuhuさん、
コメントありがとうございました。
本当に、専門用語もかなり網羅されていますね。
ソーシャルメディア的にボキャブラリーを長年集めてきた結果なのでしょうね。

コメントを投稿する