オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

タイ国の真実らしきもの その59 タイのスマートフォン事情 その4 SIMを選ぶ

»

さて、タイでスマートフォンを購入したとして、SIMを買わなければ使えません。
スマートフォンを買ったお店で買うというのが簡単ですが、それだと普通です。普通でないことを少し書きます。

SIMの種類としては、
1.AIS(日本のドコモに当たる)のone twoコール
2.DTAC(日本のKDDIに当たる)のhappy
3.TRUE(日本のソフトバンクに当たる)のTRUE
4.TOT(日本のNTTに当たる)のTOT

とあります。
特徴は、
1.AIS もっとも繋がりやすい、データ転送の安定度が一番 ただ、通常電話は少し高い 国際電話は安い選択をしてもそれなりに使える
2.DTAC 電話が安い10秒刻みだから 通信はまあまあ 地方に行かなければ大丈夫 国際電話は少し高い
3.TRUE 急進してきたもの 電話、データともにそれなりに使える ただ、急にシェアを拡大したのでつながりが悪い場合がある 公のwifi で強い
4.TOTもともとは、固定電話の会社だが、このところスマートフォンSIMにも参戦だからお得な場合あり、つながりはいまいち

ということでAISが無難ですが、電話をよく掛ける人はDTACが良いかもしれません。
これだけだと普通にAISの一人がちのように見えますが、TRUEがとてもがんばっていてプロモーションとかwifiのサービスとかで急進しております。tureにしてみるのもひとつの手です。

TOTはプロモーションがある場合のみ利用すると良いでしょう。
ちなみに現在私が使っているSIMはTOTのプロモーションSIMで100Bで500MBのデータと50Bとかの電話がついていて1ヶ月使えるという優れものですがすでに売り切れです。探せばあるかもしれませんが今年いっぱいまでしか使えません。

これだけじゃありません。データ専門のSIMというのがあり、i-koolとかがかつて存在しました。今後も出てくると思います。大体通常よりかなりのお得なデータ専門SIMですが、じゃ電話できないじゃないかというと、タイのスマートフォンはみんなSIM2枚挿しなので大丈夫なのです。以前の記事を参照してみてください。

まあ、とりあえずプロモーションのSIMやデータ専用SIMは上級者向きということで、普通にお店で使えるようにしてもらうのが良いと思います。
ちなみに料金は使えば使うほど消えていきます。データも電話も同様です。
お店の人にある程度チャージしてもらうのが簡単です。(やってくれないお店もあります。)

基本的にプリペード携帯だと思ってください。プリペードのやり方はまた今度。



今日はここまで、またいつかお会いしましょう!

Comment(3)

コメント

カッパ

調べなくて質問して申し訳ないのですが、
ツーリストSIMってタイでは結構普及しているのでしょうか?
 
タイ事情楽しみに読んでいます!

miyaさん

カッパさん コメントありがとうございます。
ツーリストSIMですが、私はTOTのものしか使ったことがありません。普及という意味では、通常は、あまり普及していないと思います。実際に使える期間が短く、その分お得なツーリストSIMは旅行者に取っては便利です。私は空港でSIMを買った事がないので、空港ではわかりませんが、通常のコンビニや露天などでは、見かけません。私の使ったTOTのものは、フォーチュンタウンのその手の扱いに熱心なお店でのみ買えました。もし旅行先ですぐにツーリストSIMが買えればラッキーではないでしょうか。ただ、注意ですが、お店によっては、定価の上に価格を貼り付け、通常より高い価格で売っているお店があります。それでも安いでしょうが、その点を納得してください。タイでは御得な商品は、高くなり、御得感が少なくなる場合が多いです。
あと、ツーリストSIMやプロモーションSIMですが、販売開始当初のみ普通に変える可能性が高いです。少し経つと、目の効くお店が買占め(販売せず)通常の販売ルートから消える頃に値段を上げて販売したりします。ご参考になさってください。あとお目当てのツーリストSIMがあれば価格を調べておいて損はないですよ。

カッパ

なるほどです。ツーリストSIMの件、お返事ありがとうございました。
 
定価よりも高くなることもあるとは…。

調べて買えっていうのはいつも正しいです。
調べるのが楽しいということもありますしね。

コメントを投稿する