オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

タイ国の真実らしきもの その39 階段とエスカレーター

»

 タイと日本とではちょっとしたことが違います。
 今回、私はタイで使う会社の車を修理に出しているので、電車(地下鉄)通勤を余儀なくされています。
 そこで気づいたことは・・
 地下鉄のエスカレーターをみんなが使っています。
 あれ、日本とちょっと違う。
 そうです。日本のように片側を開けて、追い越して行く人がいません。
 みんな急いでいるのでしょうが、それでエスカレーターはびっちりなのですが、誰も エスカレーターを駆け上ったり、駆け下りたりしません。
 日本なら、後ろの人に突付かれるなり、文句を言われるなりで、急ぎたくなくとも、駆け上ったりしなければなりません。
 もちろん、エスカレーターは、駆け上ったり、駆け下りたりするのはとても危険です。と、日本でもよくアナウンスされていますが、日本では普通守りませんね。
 タイでは、違うということです。
 そして、私は発見してしまいました。
 エスカレーター脇に、階段が併設されているのですが、ある階段は、閉鎖されていました。
 そして、ある階段は、従業員が座って雑談や青いマンゴーを食べたりしています。
 階段の端で休憩するというのは、まだわかりますが、階段全体を使って、6人ぐらいが「ここは私たち専用の休憩場所なのよ」と言わんばかりに占用しています。
 当然、お客さんは通れません。荷物なども置いてあり、急に移動することは難しそうです。
 つまり、誰も階段を利用しないのです。
 じっと待ってエスカレーターを使います。

 以前聞いた話ですが、BTS(スカイトレイン)が出来た当初は、今よりも車の渋滞が激しかったにも関わらず、利用率が大変低かったようです。
 そして、大渋滞の中、バスやタクシーを使って移動していたそうです。
 いろいろなプロモーションでお得なサービスをいろいろ導入しましたが駄目でした。
 利用者はBTSの利用自体を選ばなかったということです。
 何故でしょうか。
 理由は、BTSを利用するために階段を利用したくない。
 ただ、それだけです。
 会社に遅れようがお構いなしで、階段を上り下りしなくて済むバスやタクシーを使うということです。
 それに気づいたBTS関係者は、急ぎエスカレーターをつくり、それからは、BTSの利用率が増えていったということです。
 日本では急いでいる人がエスカレーターを階段で追い越して行く光景を何度も見ている日本人には、本当なの?と思える話でしたが、本日納得いたしました。
 タイ人は、心から階段の上り下りが嫌いです。というより、上らなくて良いのなら、多少時間が掛かっても気にしないという方が正しいですね。

 タイに観光に来たら、急いでいるからと言って、エスカレーターで追い抜こうとしたり、止まっている人に文句を言ってはいけません。
 郷に入れば郷に従えです。


 今日はここまで、またいつか御会いしましょう。

Comment(9)

コメント

でも、地下鉄やスカイトレインのエスカレーターは超高速じゃないですか。日本でもあれだけ高速なら歩かなくても良いかな、と思うのですが。。

たしかにエスカレーターを駆け下りるタイ人はいませんね。人をかきわけて電車に飛び込むタイ人も見たことがないです。地下鉄やBTSと言えば、金属を持っていなくてもなぜか毎回、金属探知機にひっかかりますが、ろくにカバンの中身をチェックしないで通されるので意味があると思えません。。。

sasa

在タイの友達は歩きません。階段を上りません。目の前に階段があってもエスカレーターまで移動します。
激務なので仕事以外で体力を消耗したくないそうです。
反対に私は旅行中飲み過ぎ食べ過ぎなので暑くても歩きます。上ります。
ただ10日くらい滞在すると友達の気持ちがわかってきます。

話は変わりますが私はBTSの改札によく挟まれます。荷物が多いと容赦なく閉まるし。馴染みの駅では有人改札に誘導されます。

miyaさん

小俣さん、窪田さん、sasaさん コメントありがとうございます。
小俣さんエスカレーターのスピードがそんなに違うとは思いませんでした。新しい学説ですね。
でもbtsの話は確かみたいですよ。
btsの場合、地下鉄と違い最初に上らなければならないというのも、最初btsが不人気だった理由の一つでしょうね。
窪田さん、私もあのカバンチェックはナンダカナ~な気持ちですね。まあ、あの程度でなければ大混雑になるのでしょうが、チェックを止めるという事にならないのが、いかにもタイらしいです。
タイ駐在は激務という事ですね。
う~ん、ただなぜか私の知り合いが日本に戻ると日本の激務の愚痴をこぼす事が多々有ったような~。
今日もタイ駐在の方からタイは日本より時間がゆっくりだが、すぐに慣れて、イライラするのも治まった、と聞いたような~。受け止め方はそれぞれという事でしょうか。

sasa

ごめんなさい〜。ここはitmediaさんでしたね。
タイの話なのでちょっと気が緩んでしまいました。
タイ在住といったらここでは駐在さんをイメージされますよね。とはいっても駐在さんも駐妻さんも社用車、ファミリーカーがありますが。

miyaさん

sasaさん またまたコメントありがとうございます。
ご指摘のとおりです。
駐在さん達は、タイでは日本での生活とは全く違った待遇でお仕事をされいます。
私の友人がタイで駐在をしていていざ帰る時、奥様が「あなただけ日本で仕事して良いですよ。私たちはここで暮らします。」と言われたとか。結局皆様日本に戻られましたが・・
家事は、お手伝いさん任せ、昼間はエステまたはゴルフなどの婦人会で過ごすのですから、亭主元気で留守がいいの比では無いのです。
でも現地に根を下ろして働いている方にはそんな待遇は無いのが普通でかなりの役職になって、やっと運転手付きの車が使えるという感じですかね。
タイで仕事を成功させるのは、大変だということは私が身をもって知っています。
そういえば今日地下鉄でエスカレーターを駆け下りる人がいたので、私の学説は間違いだったか!と思ったのですが、どうも日本からの観光の方だったようでした。
横をすり抜ける時に、他のお客さんが怪訝な顔をされていました。皆様、何度も言うようですが、郷に入っては郷に従えですよ。

miyaさん

改めまして、宮沢です。
今回、いきなり、3つもコメントがついて喜んでおりましたが、先ほど理由がわかりました。
ピックアップエントリーにされていたのすね。
正直、ITの話をほとんどしていないので、ピックアップエントリーなんて、縁が無いものと思っていましたが、今回初めて(他にあったら、私が確認していないだけです。)
ITmedia様にちょっと認めていただいたようで、天にも昇る気持ちです。
あ~、ブロガーやってて良かった!
とりあえず、書きたくて書きました。
今後もブログがんばりますよ~。

いやー、全然エスカレーターの速度が違いますよ!宮沢さんはいつも車だから気がつきにくいのだと思います!タイのBTS,地下鉄のエスカレーターの速度は1.5倍くらいあります。興味深いのは、それだけ早くてお年寄りが乗れるのか?ということなのですが、そもそもBTSやスカイトレインは若者しか見かけないのですよね〜。いやー、バンコクはおもしろい!

miyaさん

小俣さん またまたコメントありがとうございます。
このところ、一日数回地下鉄を利用していますが、エスカレーターのスピードは気にならないですね。
きっと私が、日本であまりエスカレーターを使っていないか、使っていても全く気にしていないからでしょうね。
小俣さんに指摘されて、そうかな?
ぐらいの印象です。
ところで、エスカレーターってスピードの規格とかあるのでしょうかね。
ちょっと調べたら、どうも巣鴨のエスカレーターはお年寄り向きにスピードを遅くしているとか。
そういえば、地下鉄とかお年寄りが乗っている印象ないですね。
まあ、バンコクの場合、バスでさえ、お年寄りが乗るのは正直大変です。バスから振り落とされそうな人がドアに摑まっていたりします。

コメントを投稿する