オルタナティブ・ブログ > 無事今日も終了です >

とてもマニアックな話を交えながら、雑多な話でお寛ぎください。

書評いろいろ その2 ルータ自作でわかるパケットの流れ 小俣光之 著

»

 え~、私の友人である小俣氏がとんでもない本を出しました。

 『ルータ自作でわかるパケットの流れ』です。

 この本は危険です。買ってはいけません。
 この本を読むと本当の意味でのネットワークが理解できてしまいます。
 ネットワークが本当の意味で理解できると、私が過去独自に、英文書籍を探し回り、無い頭をより消費させて、何とか少々理解できたなぁ。と、自分で自分をほめていたネットワークの知識が簡単に手に入ってしまいます。
 つまり、この本は、努力をしなくても、大変有用な知識が手に入るという、大変危険な書籍なのです。
 こんな本を読むと、人間苦労をしなくなります。
 いけません。絶対にいけません。
 本屋でおいてあっても、手に取ることさえしないことをお勧めします。
 手に取れば、値段が1880円(税別)なので、必ず買ってしまいます。
 しかもサンプルソースがダウンロードし放題なんて、どこまで人間を駄目にするつもりですか。努力しない人間は成長しませんよ。
 技術者は、知りたい知識を苦労して、苦労して、手に入れて、それでも間違いを自分の身で経験し、本当の知識を手に入れるべきなのです!
 こんな本が普及してしまったら、皆簡単にネットワーク技術者になってしまうではありませんか。
 友人である小俣氏には申し訳ないが、ここで断言します。

 こんな本は出しては駄目です。我々のようにコンピュータで日々生きているものにとって、ライバルを増やすだけですよ。本当にどこまで人が良いんだか・・
(あ~こんな本が、私の若い頃にあれば、あんな苦労はしなかったものを・・)

 くれぐれも買うこと、借りること、手に取ることの無いように、ここで緊急告知させていただきます。

 小俣氏とは、個人的に大変親しくしていただいておりますが、今回はどうしても言わせていただきたく、ブログに書かせていただきました。


 今日はここまで、またいつかお会いしましょう。

Comment(8)

コメント

ははは・・・^_^;

miyaさん

小俣さん コメントありがとうございます。
しかし、笑い事では無いのであります。
ぷんぷん!!

がると申します。

おそらく、記事を書かれた意図とは非常に違うところを見ていると思いまして、大変に恐縮ではあるのですが。
ただ「文章を文字通りに読んだ」時のこと、を、少し想定しました。

まず「努力をしなくても、大変有用な知識が手に入る」ですが、そも「書籍を購入し、読み、それを噛み砕いて理解すること」自体が、一定の「努力」だと思います。
そうしてそれ以上に、所詮「書籍を読んで理解したこと」は、その程度のものでしかありません。「古人の糟魄」程度のものです。
その先にある「手を動かさなければわからない」領域があればこそ、の、お仕事であり、プロフェッショナルなのではなかろうか、と思います。

…などということは、多分、百も承知の上で書かれたのだろうなぁ、とは思ったのですが。
どうしても、周囲に「書籍さえ読めば独学すれば経験なんか積まなくても同じくらいのスキルは身につく」と勘違いしている輩を少なからず見てしまっているので、僭越とは思いつつ、書かせていただきました。

miyaさん

がるさん コメントありがとうございます。
ご指摘の通りですね。
ただ、良書は、経験で身に付くノウハウの習得を著しく短期間にしてくれるという事は事実としてあります。
私の経験からいうと今はたくさんの情報がありますが、昔はそのようなものがなく、ゆえに習得には自身で試す努力が大半を占めました。
しかし、私の経験を本を読んで完全に習得できるかというと違うのも真実ですね。
だから、未だにコンピュータの業界で生きていけるのですが・・。
知識は、必要が情報を得ることですが、経験は、未知の状況での対応力を養うことだと思います。
とはいえ、この本はかなり良いと思いますよ。
良い御指摘をありがとうございました。

昔は本を探すことも努力でしたね。今はAmazonですぐに技術本が買えてしまうところがすごいです。といっても昔のことはよく知らないのですが(^^;スタートラインに立つまでの時間が短いことは、良いことではないでしょうか。ただ、40代以上ですごい人達を見ていると、障害にあたった時の向かう姿勢、それに望む姿勢が、自分の年代と違うような気がします。そして努力した人は、これから努力しようとする人に対して、優しい人が多いように最近感じます。努力は背中に宿る、と思います。これからシステム凍結期間で暇になりますので、自分も専門書を読んでみようと思います。

miyaさん

ヒロチャンマンさん コメントありがとうございます。
確かに今は便利な時代ですね。
ただ、昔に比べて突破力というか、障害にあたった時、可決する力というのは、何だか落ちているような気がします。
マニュアル化が進むとマニュアル化出来ない事はより出来なくなるということなのですね。
本当の意味で理解していると底力が違いますので、何事も奥底から理解されることをお勧めします。
また、良書とかベストセラーとか言われる本でも、本は読めば理解した気になる本と読めば本当の理解を助ける本があります。
理解した気になる本は、一度読めば読まなくなりますが、理解を助ける本は、何度も読み返すことになります。
是非、お時間がありましたら、理解を助ける本をお探しください。今回ご紹介した本は、それに当たりますが、専門書なのでネットワークのしかもプログラムに関心がなければ真価は発揮しないかもしれません。それでもネットワークの理解という点に関しては、最良の書のひとつであることは事実です。
以前私が読んだネットワークの本などは、相当の知識がなければ真価を発揮しないものでした。1冊を理解するために3冊を読まなければならず、この本は一般的ネットワーク知識のみでも何とか読める物です。そういう点でずるい本であります。
ただ、書いたとおり、ずるをするのとずるをしないことで同じ結果は得られません。それも事実です。
現在は皆時間がなく、忙しく時が流れます。
そんな時、たとえ最良の結果が得られずとも、時間の投資効果としては、最良の部類に入る本書は、やはり良書と言えると思います。

miyaさん

廣江さん コメントありがとうございます。
いやお恥ずかしいです。
この手の専門家からみれば、何てこと無いと思いますが、それでも廣江さんからのコメントはうれしい。
私の勲章です。

コメントを投稿する