オルタナティブ・ブログ > ポジティブ果実のなる木 >

基本ポジティブな視点で、テクノロジーのこと、マーケティングのこと、その他いろいろ勝手にレポートしていきます。

「This is it」を観てきました

»

休日ということで軽い話題を。

マイケルジャクソンの「This is it」を六本木ヒルズで観てきました。プレミアスクリーンを含めて4つものスクリーンで上映していましたが、席は前日の夜にほぼ満席。

すでにご覧になった方も多いと思いますが、映画は、実施予定だったロンドンでのツアーの舞台裏を中心に紹介されているものです。

これを観て、本当にツアー直前の急逝だったんだなあと、結局実現することのなかったコンサートにマイケル本人や関係者の無念が感じられました。
が、皮肉なことに、彼の死によって、マイケルジャクソンのコンサートに足を運ぶことのなかった世界中の幅広い層に彼の最後の姿が刻まれたことでしょう。

私自身ももちろん彼の代表作は聞いていたけれど、最近までも全く変わらない「天才」としてのマイケルの姿と、彼の音楽とファンに対する妥協のない強い努力の姿勢を見て、本当に惜しい人を亡くしてしまったんだなあと改めて思いました。

また、プロデューサーやミュージシャン、バックダンサー、衣装、照明、とたくさんの人たちの一流で最高を目指す姿に感銘を受けました。

どこのフィールドにいようと、人に影響を与えられる、人を感動させられる人たちには共通したものがありますね。

熱い情熱とたゆまぬ努力。

彼が亡くなったことは悲しいことに違いありませんが、マイケルから少し元気がもらえたような気がしました。

RIP

Mj

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する