オルタナティブ・ブログ > 安藤怜のロンドン灯 >

英国ロンドン発のニュースなど

紙というメディアの限界

»

しばらく更新が滞ってしまいました。ごめんなさい。テロに巻き込まれたわけではありません。実は、いま引っ越しの最中で、ここ数日、荷造りに追われていました。もう腰が抜けそうです。

特に大変だったのは、本や雑誌、それらのコピー、報道資料、ウェブや電子メールをプリントアウトしたものなどで、これらを詰め込んだヘビー級のボックスが20個もできてしまい、運送会社のお兄さんにも、「こんな重いもの運べるわけないだろ。もうちょっと頭を使いなさい」と怒られてしまいました・・・。

私は、今回の引っ越しで、巷にあふれかえる情報を「紙」というメディアで受け止めることに、限界を感じました。もう無理です。駄目です。ため込むだけで処理し切れません。しかも、荷造りの最中に、「あの探していた本がこんなところに、この雑誌もこんなところに、おお、このデータが知りたかったのに・・・」と、紙の資料の抽出性の悪さも、つくづく実感させられました・・・。

では、どうしたら良いのでしょうか? というわけで考えてみました。

<1>書庫を作る←そんなおカネありましぇん。
<2>入手した本や資料はすぐに全部読んで暗記し、すぐに捨てる←これができるのなら苦労しませんよね。
<3>必要なところだけコピーをとったり、切り取って保存←ヘビー級の20箱のうち5箱はこれでした。
<4>必要なところだけスキャナーやOCRでデジタル化して保存←かなり時間がかかりそう。

とりあえず年内は、紙の資料の体積を減らす努力をしてみます。でも、どうやって?

過去にベストセラーになった、いわゆる「資料整理本」の多くは、「紙」というメディアを対象としたものでしたが、そろそろデジタル化を前提とした資料整理本がヒットする頃合いかもしれません。

Comment(5)

コメント

安藤さん、こんにちは磯島です。
一昔前には、一覧性(ぱらぱらめくってよさそうなものを見つける)とか検索性(確かだいたいこのへんだったな、って感じで掘り出す)ような点でどうも紙のほうが優位なことも多いかも、という見方もありましたが、最近のサーチ技術の進歩は、そんな人力ではとても追いつけないほど手軽でかつ的確になってきましたね。そう考えると、本物のペーパーレス(完全にレスにはならないと思いますが)というのはこれからかもしれません。

こんにちは、風穴です。
同業者として同じ悩みを抱えてます(笑)。

> 必要なところだけスキャナーやOCRでデジタル化
> して保存←かなり時間がかかりそう。

私の場合は「必要なところだけ」ではなく、全部をスキャナーでデジタル化してます。「必要なところだけ」を選ぶのが手間なので……。

あと、OCR化はしていません。OCRの手間や精度もさることながら、あんまり必要を感じないからです。
だって、そもそも紙の本でだってgrep(全文検索)しないで使えてたわけですから。(^_^)

私の場合、スキャナによるデジタル化の一番の問題は、
「それがあることを忘れてしまう」です(笑)。
紙なら実体があって、ときどき目に付くことで反復記憶されるのですが、デジタル化してしまうと、ディレクトリの奥底に置かれたまま存在を忘れてしまうことがしばしば……。や、私だけかもしれませんが。
失礼しました。

安藤怜

磯島さん、風穴さん、コメントありがとうございます。
紙には、いろいろと書き込みができる、という利点がありますよね。
>全部をスキャナーでデジタル化してます
これは、すごいですね。
>「それがあることを忘れてしまう」
ま、これは紙でも同じことでしょう。

himat

現行モデルは7代目のScanSnap S500ですね。
業務用と比べると安いけど、約5万は、普通の個人じゃなー。
ただ、オムロンが廃版になってからは、唯一と言ってもいい個人向けシートフィードスキャナなので、貴重な存在ではあります。

コメントを投稿する