オルタナティブ・ブログ > 安藤怜のロンドン灯 >

英国ロンドン発のニュースなど

イギリスの英語-3-

»

映画『フル・モンティ』で、私が好きなシーンは、ダンスの練習の際にステップの踏み方がわからないところで、メンバーの一人が「これはアーセナルのオフサイド・トラップと同じだな」と気がついた途端に、うまく踊れるようになってしまうところです。

ところで、イギリスの地方の訛りの強い映画は、英語学習者には、お薦めできないかもしれませんが、これからも時々、紹介しますので、おつきあいいただけると幸いです。

今日紹介するのは、2000年に公開された『リトル・ダンサー』。原題は、主人公の名をとって『Billy Elliot』。舞台は、1980年代の北部イングランドのとある炭坑の街で、ビリー・エリオット少年が、バレエ・ダンサーをめざす、という話です。サッチャー時代の炭坑ストなどが、時代背景として描かれています。

この映画、初めから終わりまで、北部イングランドの訛りが満載なのですが、最後のバレエ学校の面接シーンでは、試験官が、いわゆるクィーンズ・イングリッシュを話していますので、比較してみてください。もちろん、この映画も、そういうことに関心が無くても楽しめますので、お薦めします。

イギリスでは、大ヒットした映画で、映画だけでなく、ミュージカルも作られて、上演されています。また、2003年の新年にBBCで放送したところ、実に1270万人が見た、と伝えられています。

イギリスでは、テレビ番組について、視聴率ではなくて、視聴者数が発表されます。もちろん、これは独立した調査機関によるサンプル調査による推計です。ちなみにイギリスの人口は、約6000万人なので、『Billy Elliot』は、単純計算でイギリス人の5人に1人が見たことになります。

Comment(1)

コメント

初めまして。「リトル・ダンサー」、元気が出るいい映画でしたね。当時の英国ロックがいっぱい出てくるのもよかったです。チルドレン・オブ・ザ・レボリューション、ロンドン・コーリング。。サッチャーの民営化が成功する前のイギリスの炭鉱の街の状況というのもよくわかった気がします。この映画を観た人はアダム・クーパー(最後にちらと成人した主人公として出てくる)を生で観るのが順当なんでしょうが、私はまだ機会にめぐまれません。

コメントを投稿する