オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

「Second Life」がCSIに?「はぐれ刑事純情派」に「mixi」が出る日は近いのか

»

かの有名バーチャルワールドサービスの「Second Life」が
同じく有名海外ドラマCSIでフューチャーされるそうだ。※1


〔科学捜査班〕CSI:NYが水曜日にSecond Lifeをフィーチャーする

米テレビでセカンドライフを話題にいれた番組の放送。

アルファバーチャルワールドブロガーの桜子さんも取り上げており、

意訳してくれた内容を引用すると。

================================
現実の世界でのストーカー行為が行き過ぎて、セカンドライフメンバーの殺人にまで発展した事件を追って、登場人物がセカンドライフに潜入するというもの。
番組では、そこで視聴者の人たちに、セカンドライフに一緒に潜入して犯人を探すよう、呼びかけている。
(と、思う。意味を間違えていたらごめんなさい。)
================================

殺人事件とバーチャルワールドを結びつけるのはなかなか新しい試みだが、

日本でこうしたインターネットサービスにフューチャーした
ドラマが積極的に作られていないか?
といわれるとそうでもないように思える。


思いつく限り並べてみると。

掲示板系
・電車男
いわずもがな「2ちゃんねる」が出てくる。

「電車男」がノンフィクションかといわれると不明だが、
後述するブログ系と違い、ドラマが成立する上で
「ネットの掲示板」というツールがフューチャーされていることは間違いない。

・今週妻が浮気します。
教えてgooに投稿された質問と
書き込みと回答から書籍化され、ドラマ化となった。
未見なのでわからないが、「教えてgoo」がフューチャーされていたかは不明。
公式ページを見る限り、設定のみで、
ツールとしてのフューチャーは無かったように見える。

 

ブログ系
・鬼嫁日記

・きらきら研修医

上記二つはブログというノンフィクションで書かれた内容を
そのままドラマ仕立てでエンターテイメントとしてまとめた
という形になる。
自分はドラマを見ていないのでわからないが、
どのくらい「ブログ」というツールがドラマの中で
露出していたのだろうか?

今のところネットサービス+ドラマは、今回の「CSI」の例とは違い、
インターネット発祥のストーリーが主流であり、
既存のドラマにネットサービスが乗っかる形にはなっていない。


今回の「CIS」は日本で言うなら「はぐれ刑事純情派」に
「mixiで繋がった2人の女、偶然の再会が起こした殺人とは?」
といったようなサブタイトルが付く感じだろうか。

流石にここまであからさまなタイトルをつけたドラマを、
日本で作ることは無いだろうが、要はこういう感じである。

そういえば、最近見たハリウッド映画の
トランスフォーマー」では
ebayPaypalがかなりフューチャーされていた

プロダクトプレイスメントだと思うが)

インターネット屋とテレビ屋は仲が悪いとよく言われるが、
こうしたコラボレーションしたような、作品が生まれれば、
少しはインターネット業界とテレビ業界の仲が深まるかもしれない。

「はぐれ刑事純情派」で「mixi」や「モバゲー」が
出る日は来るのだろうか?

※1どうでもいいがフューチャーするってどういう意味なのだろう。
  取り上げるという意味なんだろうか

Comment(2)

コメント

おおた

※のところは「フィーチャー(feature)」のことじゃないですかね。「焦点を当てる」的な使われ方をされることの多い言葉ですが(本来の意味合いなら「特集」等)、発音の似ている「未来」のフューチャーと混同されて使われることが多いですね…って、リンク先のタイトルはちゃんと「フィーチャー」になっているじゃないですか。
 さて、『はぐれ刑事』ですが、けっこう本編では最先端のテクノロジーや世相に接することが多かったので(サイズが巨大だった頃の携帯電話や8ビットのマイコン等)、今でも続いていればそういう展開もあったかも…いやはたして安浦さんに理解できるかどうか(汗)。それ以前にスペシャル版が再び放映されるかどうかが先ですね(笑)。
 取り上げられるとしたら、今の看板シリーズである『相棒』の方が可能性あると思いますよ。右京さんなら華麗に謎を暴いてくれそうです。

>>おおたさん
フィーチャーについての解説ありがとうございます。
ノリ突っ込み風の解説でとてもわかりやすかったです(笑)

「はぐれ刑事」にマイコンや肩掛け携帯電話がでてたとは知りませんでした。
でも考えてみれば、昔の2時間の事件物ドラマも
昔は携帯電話なんかが無い設定で、
ストーリーがなりたっていたわけですよね。
なんだか想像もつきません。

右京さんがmixiとかに登場するようになったら、
それはそれで面白いですね。
架空のキャラクターがSNSにいるというのは
SNSを利用したPRの定石ですし。

コメントを投稿する