オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

「web技術者で、個人のwebサービスをリリースする人がなぜ少ないか?」を外野目線で

»

こちらの記事に触発されてのエントリー。

秋葉原で働く新卒営業マンのブログ - 粋blog

WEB制作会社の技術者の方々はもっと評価されて良いと思う!~企画ができないと有名になれないWEB制作業界の事情~

僕も、web業界とは近いようで遠い業界に属しながらも、
web業界の話題に触れているわけなので、この感覚はよくわかります。

よく、イベントなどで
「web技術者やってます」と言う方に出会うと、
「技術が身についていてうらやましいなぁ。」と憧れをもって接しています。


古い価値観も併せ持っているので「手に職」というものが、
うらやましいと感じるのもありますが、
実際、マッシュアップや、サーバー代の低下などで、
ある程度の技能さえあればちょっとしたサービスが作れる環境が、
外野から見てもweb技術者の方々に整っているようにみえます。

そこで今回は、


web技術者で、個人のwebサービスをリリースする人がなぜ少ないか?

疑問について、外野目線で考えてみたいと思います。

自分の仮説としてはこんな感じ。

「web技術者が個人サービスを作らない理由」

1、web系の技術者は激務である。

2、激務なので休みの日ぐらい仕事をしたくない。

3、趣味と仕事は別なので、休みの日は仕事ではなく趣味かぼーっとしていたい。

4、よって、web技術者の総数に比べると個人サービスのリリース数は少なくなる。

上記のような流れで、意外とwebサービスをリリースする人が少なくなると考えます。

総じて、激務といわれやすい、IT業界特有の事情があるため、

忙しさをうまく避けられる(流行のライフハックなどで)人のほうが、

個人でサービスを作る余裕があると予想されます。

では、「仕事が趣味、何時間でもコーディングできるよ」という人はどうなるか?


「仕事が大好き、何時間でも働けるweb技術者が個人サービスを作らない理由」

1、web系の技術者は激務である。

2、激務だけど、その人は仕事が楽しいので問題なし。

3、個人でサービスを作ることを考えるよりも、仕事をやっていたほうが充実感とお金になる。

4、よって、web技術者の総数に比べると個人サービスのリリース数は少なくなる。

とまぁ、こうなるんではないかと、考えます。

「仕事=趣味」という人は、そんなに家庭内まで仕事をしないで、

ずーっと会社にいそうですからねぇ。

会社で、自分のサイトを作ってもしょうがないでしょうし。



外野目線ですが、いかがでしょう?
日本にたくさんのwebサービスを作るためには、
まずは「web技術者の労働時間の削減」からというところで、しめさせていただきます。

Comment(6)

コメント

ありがとう御座います!!!

感動しました!!
僕の本質的にいいたいことを
書いてありびっくりしました!

メールもしくは
hiroru123@msn.com
メッセンジャーの方に
連絡もらえると凄いうれしいです!^^

是非、一度お話したいです。

ryuka

はじめまして

>なぜ個人でWebサービスをやらないのか
それをやると会社をクビになるからじゃないですか?


趣味でサイト作ってます、というだけですごい嫌がられるそうですから。

それで利益を上げるなんてもってのほか、という感じらしいですよ。

>>永上さん
筆者の方からコメントをいただけるとは、、、
コメントありがとうございます。
後ほど、メールいたしますね。

>>ryukaさん
はじめまして、
「会社をクビ」というのは自分には無い視点でした。
趣味でサイトを作っているだけで嫌がられる、
というのは、気がつかなかったです。

個人で「一人で作るwebサービス」をリリースしている
皆さんは、会社の環境(個人の創作活動を優遇する)
体制が整っているということなんですかねぇ。

ryuka

返信ありがとうございます。
>個人で「一人で作るwebサービス」~体制が整ってい
>るということなんですかねぇ。

このような会社というのは物理的といいますか、「真似されない、真似をするには相応のリスクとコストを必要とする」ものを創り上げている会社ではないかと思います。また、そういった個人活動からのフィードバックをちゃんとしてくれる人、お互いに利益になるような関係を築ける人、会社なのかもしれません。


サービスレベルなど、維持管理の品質を除けばそこら辺の安いサーバーでまったく同じものが低コストで作れるのであれば、個人で作ったサービスも会社にとっては十分な競合他社になりうると思います。


クビになりそうなケースというのはこういったその会社のシェアを削る要因がある場合かとは思いますが好き好んでお金を払ってまで技術を渡してシェアを削るようなことはしたくないと思います。
そこまですんなら自分でやれよ、という感じで。
(それで自分で会社起こしてやっちゃう人も多いのではないでしょうか。Webサービスの業界ってやけにベンチャー企業が多いような気もしますし)


ネットワークエンジニアなどは維持管理に関する品質がそのまま売りになりますし、同じサービスを個人でやることはコスト的に難しいので、自宅でラボ環境作ってますというと歓迎されるのですが・・・

私はweb専門の技術者ではありませんが、これは技術者として考えさせられるテーマですね。技術者として会社に所属している人間が社名・実名を明かして外向きに仕事すると良くない影響が大きいと思います。webサービスを作って無償でwebに公開している一方で、似たようなものをお客様に納品することがあるかもしれません。webには無償なのにお客様からはお金をとっているということがわかれば、お客様は損した気分になると思います。
というのは極端な例かもしれないですが、仕事で疲れた帰宅後と土日だけでできるサービスでは完成度の追求が難しいことがあるかもしれません。「こんなの公開できん!」となる人や、「うかつに公開したら○○社の技術者はこんな低レベルなのかと思われそう」と考えて引っ込んでしまう人もいるのではないでしょうか。
かといって儲かるほどのサービスを作ったら副業規定にひっかかるところも多い事と思います。会社の事業領域と自分の作ったサービスがあまりにも違ったらどうしようもないですが、自分のサービスを自社に売り込むのが一番リスクが低そうです。そうすると会社の持つ商売のチャネルによっては、個人向けにwebサービスを考案したのに企業用のSaaSになってしまうかもしれません。
また、そもそも自分がここまでの技術を身につけたのはその会社で研修に行ったり開発をやったりした結果だというように考えると、技術だけ身につけてさよならするのは悪いことのようにも思います。

>>ryukaさん
貴重なご意見ありがとうございます。
現場の視点はやはり違うなあと思いながら
よまさせていただきました。

この問題には、「web技術者」の個人の資質よりも、
その人の取り巻く環境が非常に大きなウェイトを
しめてるような気がします。

そういう意味では「個人主義」的な欧米のほうが、
「一人で作るネットサービス」は生まれやすい
かもわからんですね。

>>yoheiさん
研修ってのは大きいですよね。
就職して知りましたが、技術者の研修の長いこと。
それだけ時間とお金をかけてつけた「技術」を
個人の自由に公開されては企業としてはおもしろく
ないかもわからないですね。

あと、「完成度」ってのは日本人の「職人気質」な
部分と大きくかかわってるかも。
「いい加減なものはださん!」
といった考え方がありますからね。。。

コメントを投稿する