オルタナティブ・ブログ > 一人シリコンバレー男 >

二度目の社会人を始めた男が、新しい挑戦への第一歩を踏み出す!

待ち時間を有効時間に、Googleのゆとりが生み出したもの

»

Google Japan Blog を眺めていたら、
「20%ルール」の実用例が乗っていた。

20%ルールの話

コピーなどをしているときの待ち時間を
「goooooooogle」といった、会社のロゴで表したツールを作り、
それが海外のエンジニアまで広がったと言う、ワールドワイドなGoogleのお話。


別にこのツール自体は、技術的にいったらそうたいしたことない(ただし自分は作れませんが)
が、そういった「ユニーク」なものができる「余裕」
がある環境がGoogleの「20%ルール」の良い影響なんではないだろうか。

たとえば別の会社でこんなツールを作ったとしても上司なんかから
「遊んでないで仕事をしろ!」といわれたりするだろう。
というか、そういうことを見越した上で作らないだろう。

しかし、Googleは許される、なにしろ、「20%は、好きなことをしてもいい」
と言ってるから。

うーん、20%ルール自体がいつでも大きなイノベーションを生み出しているわけではない
だろうけれども、Googleと言う会社内に、
日本的にいうと「ゆとり」のようなものを与えているのではないだろうか。


↓ここから下はホントにくだらないのジョークだと思ってくださいな。

Googleの「20%ルール」を受けて
とある大企業が「20%ルール」の導入実施した。
導入された20%ルールは、以下のとおりである。

・会社にいる時間のうち20%は好きなことに使ってもよい。

・ただし、会議室、業務用の備品、PCなどの利用は定時以降を活用し、
 業務時間中は、業務に集中すること。 

・また、20%ルールを活用し、プロジェクトを運営する際には、
 上司に相談、規定の用紙に捺印の上総務部まで提出すること。


各自、社内倫理規定に反せぬよう活用すべし。

当然、誰も利用せず、いつの間にか消えていたとさ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する