オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

ジェスチャー5種

»

今週の日経ビジネス Associe(アソシエ)の特集は、会話・話し方。
インタビューやプレゼンやセールスなど各分野の達人にインタビューしています。

ジェスチャーについての小さな記事にハッとしました。
そこでは5種類のジェスチャーが紹介されています
(ジェスチャーだけでもこれだけ種類があるのか!と気づかせてくれる、
こういうじっくり定義したようなリストが好みです)。
ちょっと編集・要約のうえ引用します。

  • 拍子(手を上下に振る。話を盛り上げる効果あり)
  • 指示(方向、場所、物、数など。例:「ポイントは3つあります」)
  • 変化(時間や売上の変化など。例:右上に手を動かして「増加」のイメージ)
  • 演技(他者の行動や感情を身振りで表現)
  • 形態(形、大きさ、質感などを表現)

(日経ビジネス Associe(アソシエ) 2008/11/18号 特集「できる人のビジネス会話術」 村山涼一氏へのインタビュー記事より)

話しながらのジェスチャーは、わざとらしくやっては逆効果。
とはいえ、手を振っているだけでは単調。
そこで、練習はするが、本番で披露しようとは思わないでおく。
結果として、ほんとうに身についた身振り手振りだけが染み出していく。
そのくらいの構えがよさそうな気がします。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する