オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

失うもののない人と争わない

»

失うもののない人と争ってはならない。そんなことをすれば勝ち目はない。相手は恥も外聞もなく、人を人とも思わぬありとあらゆる手を使う。あなたの価値ある名声をそんな恐ろしい危険にさらしてはならない。

バルタザール・グラシアン(著)/野田 恭子(訳) 『賢く生きる智恵』 イースト・プレス 2007年

約400年前の書物だそうです。400年後の実名bloggerのために書かれたかのような一言に、ハッとしました。

(参考)
ミニ書評『賢く生きる智恵』 - 起-動線

Comment(2)

コメント

mohno

これって他の捉え方もできますね。
失うものがないと思えば勝ちやすい、とか、失うものを隠している匿名の誰かを相手に争うのは困難、とか。
400年前に後者はなかったかもしれませんが。

mohnoさん、コメントありがとうございます。
この本、なかなか現実的でおもしろかったですよ。

コメントを投稿する