オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

穴太積(あのうづみ)とワインバークの「自然石構築法」

»

この本では、ネタを拾いながら作品を同時並行的に作っていくことを、石を拾って城壁や家を造るプロセスになぞらえて「自然石構築法」と呼んでいます。石を拾う段階では、それがどの作品のどの部分に収まるのかは、分かりません。

タスクは、いちどきにひとつ。しかし仕事は、並列で

昨日のエントリを読んだ知人が面白いリンクを送ってくれました。日本における自然石構築法(文章ではなく、リアルな石積みのほう)である、穴太積(あのうづみ)の達人の講演録です。

 穴太衆は、ほとんど野面石(自然石)を集めて積上げます。

(略)

 さて石の積み方ですが、まず必要な自然石をできる限り集め、2~3日間石の間を廻りながら「どんな顔の石があるのか」を見て覚え、頭の中で図面を描きます。その図面が頭の中で完成してから、初めて仕事に取りかかるわけです。

(日本石材産業協会、「石の四季」2005年1月号、PDF)

いやー、本当に文章づくりと似ていますね。そして話はさらに深い世界へ。ここは少々長めに引用させていただきます。もしご興味の沸いた方は原文も面白いのでお読みください。

粟田家・穴太衆の言い伝えに「石の声を聴き、石の行きたがるところへ遣れ」というのがあります。私も先代から聞いたときには「石が喋るわけでもないし、アホなことを」と思ったものですが、10年、20年と経験を積むに従って“この教えは正しかった”と認めざるを得ません。

(略)

無心で作業していたある時に、ある石を思案の末配置しバールで納めた時、「コトン」という音がしました。音がしたかわかりませんが、私には石が“いい所に据えてくれた”と応えてくれたように聞こえたのです。

そのとき初めて、「先代の言った通り、やはり石の声はある。据える者と石との疎通がある」と納得させられました。それ以後石の配置の際には「お前はどこに行きたい?」と、語りかけ石の気持ちを聞こうと努めると、うまく収まる比率が高くなっていきました。すると結果的に仕事の効率も高まり、完璧とは言いかねますが、何とか穴太衆の仕事ができるようになってきました。

ところが二日酔いなど体調が悪く思考力がないときなどは、どう尋ねてみても石が言うことを聞きません。

(同上)

試みに、「石」を「ネタ」に、「据える者」「穴太衆」を「ブロガー」に、それぞれ置き換えてみましょう。


そのとき初めて、「先代の言った通り、やはりネタの声はある。ブロガーとネタとの疎通がある」と納得させられました。それ以後ネタの配置の際には「お前はどこに行きたい?」と、語りかけネタの気持ちを聞こうと努めると、うまく収まる比率が高くなっていきました。すると結果的に仕事の効率も高まり、完璧とは言いかねますが、何とかブロガーの仕事ができるようになってきました。

来年は、ネタの声をもっと聴こう。

Comment(2)

コメント

最後の宮大工と言われた西岡常一さんの談話を思い出しました。たしか中学の国語の教科書に『曲がった材木は曲がったところに合うようにはめ込んでやれば良い。』というような言葉があったように思います。

ありがとうございます。『曲がったネタは曲がったところに合うようにはめ込んでやれば良い』と。
真面目な話、ネタそのものよりも、そこからどうハッとするものを見つけるかを大事にしたいと思っています。

コメントを投稿する