オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

「我々はまるで豚を消化している大蛇のようである」

»

 システムを導入するだけで、ユーザーにとってかなりの利益となった初期のシステムとは違い、経験上、エンタープライズ・ソリューションが価値をもたらすまでには、相当の時間を要することが分かっている。実際、導入当初は生産性が低下することさえあるだろう。

継続的にプログラムに取り組む

タイトルは『保険業界のあるIT担当者』の言葉。企業が大蛇でエンタープライズ・ソリューションが豚。的確でユーモアのある例えにハッとしました。

これはいろんなケースで使えますね。例えば即効性もなく、もしかしたら最後まで効果が出ないソリューションの言い訳などにも。お腹の膨らんだ大蛇の写真を探しておこう。近々必要になりそうな気がするぞ ;-)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する