オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

書く(描く)という「瞑想」

»

「書く(描く)ことは、mediation(瞑想)」。
MITメディアラボの石井 "tangible" 裕 教授が、自分のノートを見ながらそう言っていました。

教授が仕事の道具として、PCの次に出してきたのが(moleskineと思われる)ノート。
絵が描かれていることを指摘され、「絵を描くことは大事だ」と、言っていました。

続けておっしゃったのが、冒頭の言葉。

ハッとしましたね。目を閉じて行う瞑想だけでなく、
書いて描いて吐き出しつくす行為もまた、瞑想。

(参考)
コンピューター研究者・石井裕(2007年2月8日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する