オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

メールで解雇通知:何がいけないのか

»

反射的に、「なんて非人間的なことを!」と感じてしまうニュース。

 米RadioShackは約400人の従業員に、彼らを人員削減計画の一環として即時解雇したと電子メールで通知した。

 フォートワース本社の従業員は8月29日の朝、次のようなメールを受け取った。「現在人員削減の通知を行っています。残念ながらあなたの仕事はなくなりました」
ITmedia News:「あなたの仕事はなくなりました」――RadioShack、メールで解雇通知

なぜこの打ち手がダメなのか。例えば下記のようなリスクがありそうです:

  1. 残る従業員の士気が下がる
  2. よほど余裕がないと思われ、株主や取引先からの信頼が低下する
  3. 人間味のない企業というレッテルが貼られ、よい人材が採用しづらくなる
  4. 本音のフィードバックを受けるチャンスを逃す(別れ際は本音を聞くチャンス)

しかし1、2、3は、本質的にはメールという手段の問題ではありません。
これらは、「突然」「一方的に」「大量に」解雇する決断をした以上、
必然的に負わねばならないリスク。
穏当な手段を選べば緩和されるというものでもないと思います。

4.も、口頭で伝えさえすればOKというものでもないですね。
それが一方的な通知である限りは同じこと。
かといって、解雇を通知する当時者に「会社を良くするためのメッセージを、
解雇しようとしている相手から汲み取ってくれ」と期待するのは難しい。

とすると…ハッときました。
解雇通知の手段にメールを用いたという選択の最大の問題は、
それが非人間的だという話ではなく
「前例のないことをやった」ということではないだろうか。

RadioShackがどのような手続きを踏んだのか分かりません。
もしかしたら考えに考え抜いた末に打った手かもしれない。
事前に会議などで周知し、徹底的に話し合い、心の準備をしたうえで
最後の通知だけをメールで行う。そんなやり方が、
もし かしたら人員削減業務のイノベーションになるかもしれない。

#「そんなわけあるか!」というかもしれません。
僕もメールでは通知されたくないですが、分かりませんよ。
最後の通知面談だけで何とかしようとするのではなく、
そこに至るプロセスを共有し、「自分が対象になっても仕方がない」と
腹をくくっておけた方が、いいかもしれない。
怠けていたわけでも成果が出なかったわけでもないのに、
会社の都合で本人の望まぬ選択をお願いするのは辛い作業ですし、。
(僕も当事者だったことがありますが、本当に辛い)

でも、たとえメール通知が効果的だったとしても、
大量解雇だけでもバッドニュースなのに、
ことさらニュースのネタになりそうなやり方を
選択するという判断は妥当でしょうか。そこに疑問を感じます。

RadioShackは大手(S&P500)です。それなりの判断があったと思いますので、
どこまで考え抜いていたのか、
どこかでケーススタディがなされたら勉強してみたいところです。

Comment(9)

コメント

私も前職で即刻解雇通知を見たことがありますが、日本的な感覚から見たらそれだけでも非人道的と感じてしまいました。
> どこまで考え抜いていたのか、
「世界的なニュースになる」ところまで考え抜いていたとしたらすごいですね(笑)。

確かに非人道的な感じがしますが、外資系だと紙一枚でその日から社内に入れない、自分のメールも見られない、私物はダンボールに詰められて送られてきたという体験をした友人も多いので(ある友人は、引き継ぎは、社外のファストフードで行ったそうです)、紙がメールに変わっただけと考えると、なんか、あまり驚きがなくなっていきます。でも、そういうことに驚かなくなってしまった自分に驚いてしまったりしますが・・・・(ややこしい)。多分、エンタープライズ系の外資系の営業やマーケの人は私と同じく、あまり驚かなくなってしまっている気がするのですが、いかがでしょうか?ちょっと堀内さんが書かれようとされていたことと論点がずれますが、感想を書かせていただきました。

はじめまして。

私が住んでいるフランスは雇用が守られている国ですが、少し前、英国の会社に勤務するフランス人が、携帯電話のSMS(テキストメッセージング)で解雇通知を受け取ったことがフランスの新聞で報じられました。
この当時、フランスでは雇用制度改革が行われようとしていたのですが、「アングロサクソン的な雇用制度を導入すると、こんなことが日常的に行われるぞ!!」と世論を少し動かした事件でした。

末岡

mohno

私は会議室で・・・(←そういう場所じゃないッ!)
まあ、“外資”じゃなきゃ、ないでしょうねぇ。

平野さん、きょこさん、sueokaさん、mohnoさん、考えつつ書いた読みづらいエントリにも関わらず、
コメントをありがとうございました。
 
経営者がメール通知という手段を選んだ意図に興味がありますね。結果として、解雇された(およびされなかった)従業員がどう感じているかを知りたいところです。

ブロガー(志望)

お邪魔します。
 少し前にどこかの自治体が「ペットを捨てる箱」を設
置して顰蹙を買ったのを思い出しました。解雇は言い渡
す側もあまり気持ちの良くないものですが、それから
「(自分だけ)逃れようとした」姑息さが批難されたの
ではないかと思います。

ブロガー(志望)さん、コメントありがとうございました。

> 「(自分だけ)逃れようとした」姑息さ
僕も「メールで…」というタイトルを見て直感的にそう思いました。しかしその直感も偏っているかもしれない、という気づきが、このエントリを書いた動機です。
例えば、人員削減の決断をするのは経営者ですが、実際に対象人員を選んだり、通知や面談をするのは経営者ではなくマネジャーだと思います(RadioShackは大企業)。
姑息な経営者なら外部から批判されそうなメール通知でなく、マネジャーに「不満が出ないようにしっかりやってくれ」とか何とか言って負荷を転嫁する選択肢もあります。
記事では「メール通知」の部分だけがクローズアップされ、そこに至るプロセスは詳しくは書かれていません(事前に会議などで周知し、意見はイントラネットで収集したというような記述はあります)。
経営者の意図は何だったのか(目的)。従業員はどう受け止めたのか(結果)。その2つが分かれば、今回のメール通知(手段)の是非がもっとよく理解できそうです。

himat

良い悪いは別にして、メールを選んだのは、純粋にコストだけだと思いますよ。
手書きで出すことは無いと思いますけど肉筆サインは必要でしょうし、400枚印刷して宛名作って郵送したら、実費だけでもそれなりで人的コストはかなり、手渡しなんかやった日には試算不能な人的コストが掛かるはず。
金人時間のコスト考えたら、経営判断としては適切解の一つと思います。
が、いくら何でも遣りすぎ、人道的に誉められないのは勿論のこと、経験則で多分大丈夫なのは判るけど、メール自体、そこまで信用してよいツールなんでしょうかねぇ、私はそっちに驚いた。
風評や悪用可能な手段であることを考えると、やっちゃいけないことだったんじゃないかと思います、やっぱり。

himatさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
メール通知はたしかにコストの節約になりますね。エントリには書きませんでしたがコスト削減効果も考えてみました。ただ効果は限定的で、打ち手を選択する主因にはなりづらいのではないかなと感じていました。
削減人員への通知手段を面談でなくメールに切り替えることで浮く時間は、1人につき2時間(面談30分、雑務1.5時間)の節約として2時間×400人=延べ800時間。ざっと5人月くらいです。書面とメールを比較すると差は大幅に縮まります。
400人の人員削減に踏み切ろうとしているとはいえ3万人強の大企業、削減対象が全米に散らばっていたらコスト増要因かなと考えました。しかし記事によると本社の従業員が対象とのこと。
 
メールという通信手段の信頼性はどうなんだろうという点、これも通信環境が分からなかったのでエントリには書きませんでしたが、考えました。改ざんされたりしたらオオゴトですよね…。

コメントを投稿する