オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

よいブレストのための8つのコツ

»

"Eight Tips for Better Brainstorming"(BusinessWeek)より。

  1. ブレインストーミングは、アイディアを合わせ、広げるもの。ただアイディアを集める場ではない。
  2. メンバーの気持ちが前向きでなければ、効果はない。
  3. ブレインストーミングの前後に、個人で考える時間を作ろう。創造性は、個人の思いつきと議論の相互作用の中で形になっていく。
  4. ブレインストーミングだけでは前に進まない。アイディアを試す他の取り組み(プロトタイピングなど)と組み合わせよ。
  5. ブレインストーミングには、とりわけそのファシリテーションには、スキルと経験が必要である。
  6. 自らのスキルで成果に貢献しようとする、よい意味での「競争」が、よいブレーンストーミングを生む。
  7. ブレインストーミングには副産物がある。例えば、企業文化や知識(誰が何を知っているか)の共有の場でもある。これらの効果を意識的に享受しよう。
  8. ルールを決め、必ず守ろう。標準的なルールは1)批判しない、2)突飛なアイディア歓迎、3)質より量、4)他者の発言に乗る。
    ("Eight Tips for Better Brainstorming" - BusinessWeek)

見出しだけ訳しても分かりづらいので、解説文を含めて意訳しました。

個人的には、6にハッとしました。たしかに、参加者のちょっとした自己顕示欲と貢献欲がブレンドされると、話が活発になる気がします。

付け加えるとすれば、2の強調ということになるかもしれませんが、
リラックス」を挙げたいと思います。

うまく行かなかったブレインストーミングに立ち会ったことがあります。

なかなかアイディアが出ず、司会役の言葉が刺々しくなってしまいました。
「これじゃあ議論が進みませんよね、だってアイディアが出ないんですから」
と言いつつ、白紙を前にペンを持ち、「さあアイディアを出せ」という構え。
成果は…ご想像のとおりです。

ただ、「リラックス」して話す(ようにさばく)というのは、案外難しいスキルだと思います。
単に「ゆるゆる話す」だけでOKというケースは無くて、
時間も限られていれば、何らかのアウトプットも期待されているので。
「悠々と急ぐ」という言葉がありますが、そんな心持で臨めばいいのかな。

(参考)
ひとり発想の力 - 起-動線

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する