オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

「で、次は?」という問いの力

»

夫婦のつぎは、何になろう。

こ の言葉を目にすると、いつもハッとしてしまいます。(略)夫婦という関係が終わりでいいの?それ以上の関係は考えられないの?と気付かせてくれる、良い言葉だと思います。
(『夫婦の次は』 - シロクマ日報)

このCMは観たはずなのに、アキヒトさんのblogで読んで、初めてハッとしました。「ハッ」としたことを書き付けていくのがこのblogの定義ですので、これは書かざるを得ません。

 ○○のつぎは、何になろう。

小さいニッチに安住したくなる自分にカツを入れてくれるような気がします。

 ○○2.0があるとしたら、それはどんなものだろう。

という問いも、「その次」を考えさせてくれるので、アイデア出しに有効そう。

 

「次のステップは?」が、祖父の口癖だった。

うろ覚えですが、『ダ・ヴィンチ・コード』にこんな言葉がありました。主人公は、亡き祖父のこの言葉に駆り立てられて、手掛かりを探し続けます。

Comment(2)

コメント

確かに『ダ・ヴィンチ・コード』にそんなセリフがありましたね。「で、次は?」と考えていくうちに、思いもよらぬ宝物が見つかるのかも・・・

アキヒトさん、コメントありがとうございます。

> 「で、次は?」と考えていくうちに、思いもよらぬ宝物が見つかるのかも・・・

次のblogは、「次は何をし八日?」というタイトルに仮決めしておきます。

コメントを投稿する