オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

カウチ族向け毛布

»

The Slanket - Hunter Green 冬。ソファに寝そべって本を読む/プログラミングをするときに問題なのが「腕の冷え」。この深刻な問題を一気に解決するグッズを見つけたので紹介したい。

毛布に袖付けて$65とはいい商売だと言いたくなるが、何となく買ってみたくなるから不思議。おまけにこうやって無料で宣伝しちゃいたくなるし。

笑えたのが"Slanket Science"というページ。やはり$65するだけあって、NASA開発のスーパー素材なのかしらと思って見てみると、頭寒足熱みたいな絵しかなかったりする。

作るならこういうグッズを作りたい。そういえばキーボードを叩いているとやたらと手先が冷たくなるのだが、何かいい解決策はないかな。

Comment(2)

コメント

拝松徒

日本にはかい巻き毛布という物が大昔から有りますけど~。
アクリルとかフリースのならその辺のお店で3000円未満で買えるはず。
手の冷えならコレでとどめを刺すかと。
USBあったか手袋 http://www.thanko.jp/usbgloves/index.html

拝松徒さん、ありがとうございます。恥ずかしながら「かい巻き毛布」という単語を初めて聞いたような気がします…帰国子女なもので(嘘)。さっそくネットで探してみました。なるほど確かにこれでいいわけですね。でも、なぜかかい巻き毛布よりもSlanketの方を被りたいです。

USBあったか手袋も知りませんでした。これは要検討。お知らせありがとうございました。

コメントを投稿する