オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

IR説明会をネットで生放送する時代(ドワンゴの場合)

»

 今日は仕様で休みを取ったのでこの時間に自宅にいるのだが、ちょうど16時からドワンゴが第3四半期の決算説明会を生放送するというのでリアルタイムにニコニコ生放送で見ている。いつもは会社にいるので視れないのだが今日は特別だw

 番組の冒頭で司会が「通常決算説明会というのはクローズに記者宛にするのに、どうしてこういう放送をすることになったのですか?」と小林社長に質問したところ「ドワンゴが何を考えているかを広く皆さんに知って欲しかった」という回答があったが、こういうオープンな試みは素晴らしいと思う。これまでもいくつかの企業が株主総会を始め一方的に説明会を放送したことはあったが、双方向性を完全に意識した生放送は珍しい。

 実際に生放送で経理担当役員からの決算のプレゼンや夏野さんからのニコニコ動画に関するビジネス状況に関する説明が、説明用パワーポイントとともにリアルに送られてくるのはかなり新鮮だ。画面の上部の広告エリアに公開されたPDFの決算説明資料へのリンクが常に表示されるのもナイスアイデア。

 しかもTwitterで専用のハッシュタグを用意して質問を受け付けるなどネット企業らしい双方向の取り組みも織り交ぜているし、単にオープンというだけでなく、従来通り証券会社などのアナリストはちゃんと招待しているという芸の細かさ。アナリストも生放送に出演する可能性があるということで、これはほんとに新しい時代の決算説明会だと思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する