オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

ブログに書いて欲しいテーマを読み手からリクエストする

»

 Intranet 2.0 Global Survey 2010 によると企業におけるイントラブログの普及率は60%近く(全社導入22%、部分導入36%)になっているそうだ。

 ただ導入された企業でも全従業員が積極的にブログを書いているかというと全然そんなことはないようで、例えば自らソーシャル系ソフトを開発し販売しているようなIBMでさえ、全世界35万人の従業員のうちブログを書いているのは1万5000~6000人(5%未満)に留まる。5%というのはIBMがIT企業だからの数字で普通の企業ではこれは1~2%くらいに落ちるのではないだろうか。

 ただし、これはブログを自ら書く人の割合であって自分ではブログを書かないけども他人のを読むだけという人を含めると割合は跳ね上がる。私の感覚だと少なめに見積もって30%、普通の組織だと50~60%、例えば社長ブログや部門長ブログなどキーマンがブログを書いている場合だと読者率は90%を超えることも少なくない。

 IBMでは、Blog Museという機能を使ってブログを読むたい人側からこんな話題を書いてくれと提案する仕組みを作っているようだ。ブログに投稿して欲しいテーマや話題をBlog Museに書き込むとそれに関して最も書きそうなブロガーにその事を通知し、要求された話題のブログ投稿がされたら今後は逆にリクエストした人にその事を自動的に通知するという仕組みということだ。

 確かにイントラブログを書かない理由のひとつに「書いても誰も読んでくれない」とか「書いたことに反応がない」なんて理由が挙げられることがある。こういった読み手側からのリクエスト機能はその理由を解決するには役立つかも知れない。

{参考にした記事:「Employee intranet blogs wanted」}

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する