オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

サイト内検索と企業内検索の違い(続編)

»

 昨日の通勤途中に偶然エンタープライズサーチベンダーであるビジネスサーチテクノロジの籠倉取締役にお会いした。そうしたら新しい名刺を渡された。アイ・ヴォヤージュという会社の代表取締役会長に就任されたそうである。なんでもサイト内検索サービスのASPが好調なので、ビジネスサーチテクノロジは思い切って分社化したそうである。

 もともとビジネスサーチテクノロジと言う会社は、ファイヤーウォールの内側であるエンタープライズサーチベンダーとして名を売っていた企業であるが、今はサイト内検索のほうが追い風が吹いているそうで、両者のビジネスモデルの違いから組織を分けるという決断となったようだ。

20080715 以前に「エンタープライズサーチ~サイト検索と企業内検索」というエントリーでも少し書いたが、やはりサイト内検索と企業内検索では、エンジンに求められる機能や運用要件がずいぶんと違うようだ。路上で籠倉会長と雑談した内容にさっそくいくつか書き足してその比較表を書いてみた。

 そういえば、最近eコマース向けのサイト内検索のASPサービスが次々と発表されているが、さてどうなのだろう。検索エンジンってNamazuをはじめとするフリーのエンジンがいくつもあるように、結構手軽に作れるソフトウェアの部類に入るようだが、上記に挙げたサイト内検索の事情を理解して設計されたものはどれくらいあるのだろう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する