オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

90:9:1の法則

»

 メディア・パブの「参加型ニュースサイトも一極集中へ」というエントリーで引用されて知ったのだが、90:9:1という法則がちゃんとあるそうだ。Jakob Nielsen's Alertboxの“Participation Inequality: Encouraging More Users to Contribute”に非常に面白い記事があったので私も便乗。

 この記事によると、ニュースグループなどのユーザ参加型メディアではROM9割に対してRAMが1割そしてRAMのさらに1割(全体の1%)が非常に活発に投稿を行うという法則があるとのこと。ちなみにブログの場合はこの比率がさらに低下して95:5:0.1になり、ウィキペディアでは99.8:0.2:0.003となるそうだ。
 この記事の後半では参加型メディアが持つこういった参加者の偏在が引き起こす副作用と参加率の向上の為のいくつかの施策も提示してあるので興味のある人は参考すると良いかも。

 たしか日本における同種の統計としては「ネットワーキング・コミュニティ」(1997:池田謙一著)に、パソコン通信(ニフティサーブ)におけるフォーラム内での発言する人と読むだけの人の割合は1:81:7という数字があったはず。若干古いデータではあるがこの記事に比較するとちょっとだけ高い。そして最近のSNSを見ていると日記を書いている人の割合はもっと高そうだ。これは日本の国民性によるものなのか、パソコン通信やSNSはニュースグループなどに比較するとややクローズなことによるものなのか。きっと今年度の後半あたりには研究論文などでSNS上の日記執筆率なども出てくると思うので、是非それらの数字ともあわせて分析してみたい。

===2006/10/17「ネットワーキング・コミュニティ」を読み直し確認したところ「だいたい全参加者の8分の1程度にすぎない」とあり、ここから割合を1:7に修正

Comment(5)

コメント

こんにちは。
Perticipation Inequality、がすごくおもしろいですね。さっそく部内のMLに流しました。
Jakob NielsenがPerticipation Inequalityを根本的に解消することはできない、と言い切っているのがすごいですね。
これ、スケールフリーネットワーク論で言うところのベキ法則ないしベキ乗則ですね。
公文俊平先生の以下がおもしろいです。短いものなので、ご一読を
http://www.can.or.jp/archives/articles/20030315-01/index.html

こんにちは。田中晃と申します。
90:9:1の法則面白いですね。SNSのある事業者様とお話したときに同じような言葉を拝聴しました。
そちらの会社さんでもSNS会員全体の1割がコミュニティを立上げ、その中の1割(全体の1%)がコミュニティを継続的に立上る事ができるそうです。ちなみにその1%の人はインフルエンサー的な役割にもなるそうで、マーケティング的にも活用できる要素があるような事のお話でした。今後上記事項を踏まえた上でどのようなビジネスが出てくるのか楽しみですね!!

興味深いですねぇ。勉強になりました!
今泉さんご紹介のURLにかかれている話も、確かにその通りだなぁって感じです(難しい論理の方でなく前半部分です・・)。
最近年配の方から頂いた言葉で「人間(ジンカン)あるところに青山(セイザン)あり」というのがあるのですけど、解釈によっては、ネットでもコミュニケーション(ジンカン)が生まれれば、似たようなことになるのですねぇ。
コミュニケーションビジネスを推進していく上でのテーマの言葉にしちゃおうかな。笑

失礼しました・・
「人間到るところ青山あり」
らしいです。

皆様コメントありがとうございます。
この法則は面白いですよね。引き続き統計を集めていこうと思っています。
それから今関さんが紹介してくださった公文俊平先生のエントリーもとても面白かったです。以前「馬鹿はうつる」の中で書いたのですが、世の中には上には上がいるということも良く感じます。そんな自分が馬鹿のポジションになったときは出来るだけ周りにそれを感染させないように努めています。

コメントを投稿する