オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

au発表会2012 Summerレポート:国内初の驚速クアッドコアCPU NVIDIA Tegra3搭載、進化した富士通のAndroid4.0スマートフォン『ARROWS Z ISW13F』

»

KDDIが2012年5月15日に開催した「au発表会 2012 Summer」の特集第6弾は、国内初の驚速『NVIDIA MAX 1.5GHz Quad Core(クアッドコア)Tegra3』を搭載した、富士通の全部入りAndroid4.0ハイスペックスマートフォン『ARROWS Z ISW13F』をご紹介します。

冬モデルのISW11Fからの進化(スペックアップ)として、CPUが1.2GHzのデュアルコアから1.5GHzのクワッドコアへ、内蔵メモリ(ROM)は8GBから16GBへ、Androidは2.3から4.0(ICS)へ、ディスプレイサイズが4.3から4.6インチへ、バッテリー容量が1,460mAhから1,800mAhへ、Wi-Fiは5GHz対応へ、Bluetoothは2.1+EDRから4.0へ、更にauスマートフォンに初搭載の指紋センサーと、各社夏モデルのなかでも最高スペックを誇る1台です。

NVIDIA Tegra3は、4つのCPUコアと省電力な5つ目のコア=コンパニオンコア、更に12コアのGeForce GPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)により、要求される処理能力によってコンパニオンコアのみ→デュアルコア→クアッドコアとCPUの稼働状況を変えることで省電力化とハイパフォーマンスを両立させます。
更に、12コアのGPUは、Webブラウジングや動画閲覧時のなめらかな再生だけではなく、3D・CGを駆使したゲームやアプリなども美しくなめらかなグラフィックス表示を実現するということです。

高度なセンシング技術を駆使したヒューマンセントリックエンジンは専用LSIとなり

  • 周囲の光によって色味を自動調整する「インテリカラー」
  • 動いている時の揺れを検知して文字サイズをアップして読みやすくする「あわせるズーム」
  • 傾きと揺れを検知して使用中の画面OFFを防ぐ「持ってる間ON」
  • 思わぬ画面ローテーション時に2階以上振ると画面の向きを戻す「戻ってシェイク」
  • 画面タッチ時に高速に反応しフィードバック振動をキレよく伝える「はっきりタッチ」
  • 加速度センサーと音から睡眠アドバイスを提供する健康生活日記の「睡眠ログ」
  • 周囲の音を検知して静かな場所・騒音のある場所で着信音量を自動調整する「気配り着信」
  • 生活に役立つアドバイスを通知するための「温湿度センサー」

といった新機能を搭載しています。

遂にauでも搭載される指紋センサー(カメラレンズ下部の四角い部分)は、ロック解除、画面OFF、特定の着信やメール非表示のプライバシーモード、アプリ起動時の認証をするアプリロック、アプリをシークレットモードで隠すアプリケーションシークレット、複数のID・パスワードを登録可能なパスワードマネージャーで利用できます。

カメラは、ISW11Fからの1310万画素・Exmor R for mobile裏面照射型CMOSによる美しいフォト・ムービー撮影を実現、撮影間隔は0.5秒に短縮、被写体解析により賢くなったインテリオートフォーカス、高感度撮影に加えて手ブレやノイズ劣化を抑止するスーパー夜景モードの搭載など、しっかりと進化しています。

機能強化されたNX!メールは、auのEメール(ezweb.ne.jp)・Gmail・SMS・その他のEメールの一元管理、チャット表示機能、複数フォルダへの自動振り分け、メール予約送信など、機能強化が図られています。

その他、機能満載・スペックアップを図った新ARROWS Z「ISW13F」は、最高スペックの端末を望む、あるいはスペックで判断するユーザにとっては、大いなる期待とともに選ばれることでしょうし、、富士通端末のファンは、継承されている富士通独自の多くの機能の実装レベルを確認して、選ぶことになるでしょう。

但し、気になる点として、「端末の温度上昇」と、製品発表時点で未決定(検討中)のスペック「連続通話・連続待受時間」があります。
前モデルのARROWS Z ISW11Fは、(1)発熱しやすい「仕様」で機能停止しやすい問題、(2)連続通話380分・連続待受360時間=同時期のスマートフォン他機種と比較して「バッテリーがもたない」という課題がありました。
その後継機種となるISW13Fには、大幅なスペックアップと更なる多機能化が図られたことによる発熱やバッテリー消費を高める事への不安がありますが、それらを払拭する諸対策による温度上昇の抑制と、他機種の平均値(533分・393時間)と同等以上のバッテリー持ちの向上を期待したいところです。

ARROWS Z ISW13F スペック (発売予定:7月中旬以降)

基本スペック
プラットフォーム Android™4.0
CPU NVIDIA Tegra 3 AP33 Quad Core 1.5GHz
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth ver.4.0
グローバルパスポート グローバルパスポート (CDMA/GSM/UMTS)
Wi-Fiテザリング ● (最大8台)
WIN HIGH SPEED
WiMAX
サイズ(幅x高さx厚さ) 約67x135x10.6mm
重量 約145g
連続通話時間 (音声通話時)  未確定
連続待受時間  未確定
電池容量 1800mAh
内蔵メモリ (ROM) 約16GB
外部メモリ(最大容量)  2GB microSD™/32GB microSDHC™
ディスプレー
メインディスプレー 約4.6インチ HD(1280x720)TFT
サブディスプレー
液晶最大表示色数 約1,677万色/―
カメラ
有効画素数 約1,310万画素
撮影素子 裏面照射型CMOS(Exmor R for mobile)
撮影ライト ● (静止画)
オートフォーカス撮影 ● (動画/静止画)
手振れ補正機能・手振れ軽減機能 ● (静止画)
フォト
最大撮影サイズ (ドット) 4128×3096
連写撮影 ● (7/無限)
ズーム機能 最大12.9倍/32段階
動画
長期間録画(最大サイズ・最大時間) 1920×1080 最大2GB (HDで約140分)
ズーム機能 最大12.9倍/32段階
サブカメラ
有効画素数 約132万画素
撮影素子 CMOS
そのほか
ワンセグ連続視聴時間  未確定
ハンズフリー機能
バイリンガル機能 <bilingual>
防犯ブザー
辞書機能
オリジナル機能 スマート指紋センサー
  プライバシーモード
  ヒューマンセントリック機能
同梱品 2GB microSD™ (試供品)
  クレードル (卓上ホルダー)
  ACアダプター
カラー Glossy Red、Cool Black
SIMカード microSIM

ARROWS Z ISW13F フォト

★au発表会 2012 Summer特集

★KDDI関連URL

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する