オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

ITmedia主催AQUOS PHONE SH-01D開発者座談会(12月7日)開催レポート

»

ITmedia +Dモバイル

12月2日より発売を開始したシャープ製のNTTドコモ向け新商品『AQUOS PHONE SH-01D』開発者座談会が12月7日にITmedia +Dモバイル主催にて開催されました。

発売直後の注目度の高さもあり、応募者多数の中から選ばれた8名のITmedia+Dモバイル読者と、シャープのSH-01D開発者(通信システム事業本部の方々)と進行役兼モデレータの+Dモバイル編集長・園部氏、そしてもう一人のモデレータとして、私も参加させて頂きました。

今日時点で、発売から2週間が経過していますが、人気のiPhone4Sを抑えて、携帯電話販売週間ランキングで堂々の1位を獲得しています。しかも12月2日発売で12月4日までのわずか3日分の売上による結果です。

携帯販売ランキング(11月28日~12月4日)
国産スマホがiPhoneに反撃 ついに首位交代

他のランキングサイトでも2種連続の1位獲得が報告されており、今回参加された読者以外からも、大人気の端末であることが証明されています。

このSH-01Dの詳細について、開発者から直接に話しを聞ける・質問できる機会は、予定終了時刻を1.5時間延長するという、過去に参加したイベントでも経験したことの無い、盛り上がりでした。

以下、イベントの概要をご紹介させて頂きますが、本日、ITmediaにて特集記事が掲載されますので、同内容を是非ともご参照下さい。

3つのテーマでの座談会ですが、冒頭の製品紹介は、カタログスペックや製品サイトに掲載されているような内容ではないかと、事前に予想していましたが、スペックや特徴に至る開発コンセプトなどの話をパーソナル通信第一事業部商品企画部・主事 磯部氏によるプレゼンテーション、開発プロセスでのモックアップ、などを見せて頂きました。

以下、スライドの抜粋となります。

シャープの強みである液晶技術を求める市場の声が大きく、夏モデルよりもより大きな4.5インチHD(720x1280)液晶は、色数も夏モデルSH-12Cの262,144色から16,777,216色へと、色数もアップさせ、iPhone4Sの330ppiと同等以上の338ppiという高精細さを誇ります。

タッチパネルの操作性向上への期待度から、OMAP4430 1GHzデュアルコアCPUを搭載。
3D撮影機能を省く代わりに防水機能を搭載しても重量はSH-12Cと同等に。

薄型化のために、中身の基板を見直し、従来は片面で面積の広かったものを、半分程度で両面に密集させた基板とすることで、バッテリースペースの確保に。

デザイン面でもサイドのラインを配するレイヤー構造とし、正面ボタン下のパーツもクリアの向こう側に、ラウンドしたパーツが埋め込まれており、実際には平面として長されているものをラウンドフォルムに見せる工夫がなされています。

カメラについては、CCDで培った技術を裏面照射型CMOSイメージセンサに移植するなどして、色再現性が高く、かつ高感度な撮影を可能とすることで美しい写真撮影・動画撮影を可能とし、さらに、光学式手ブレ補正機能までも搭載しました。

手ブレ補正を検査するための機材を展示していたので、どのような動きをするのか、確認することもできました。 その効果については、SH-01Dスペシャルサイト http://k-tai.sharp.co.jp/dash/d/sh-01d/special/ のカメラ紹介コーナーに、手ブレ補正OFF・ON時の動画が掲載されていますので、併せてご参照ください。

QAでは、今後のカメラの方向性について、高解像度化がかなり進んだことで、これ以上の解像度アップが必要なものなのかを検討していること、カメラ起動時間を大幅に短縮してきたことなどが伝えられました。

-

その他、グローバル商品開発センターシステム開発部・参事 稲森氏いよる4.5インチ液晶に搭載した技術についての解説(液晶の部分ごと、個体毎にあるばらつき(ホワイトバランスやガンマ値など)を自動的に解消する製造の自動化)や、同Gプロジェクトチーム・係長 宇徳氏によるエコ技をはじめとする省エネ機能(通常・技あり・お助けという3つのモードをウィジェットから簡単に切り替えできたり、時間やバッテリー残量により自動切り替えができること、技ありモードでは通常モードの2.5倍ものバッテリー持ちを実現したこと、省エネ効果を測定する検査機器)についての解説がありました。

-

かなり簡単なレポートとなりましたが、今回、SH-01Dをお借りすることができましたので、改めて個々についてのご紹介をする予定です。

また今後も、開発の背景や詳細など、一般には知る機会が無いような事を知ることができるこのようなイベントが、開催されることを期待しています。

AQUOS PHONE SH-01Dスペック

サイズ H128mm×W65mm×D9.7mm(最厚部11.2mm)
重さ 138g
連続待受時間 3G:420時間/GSM:260時間
連続通話時間 3G:290分/GSM:450分
ディスプレイ 3D表示対応 NewモバイルASV・4.5インチ・16,777,216色・720×1280ドット
充電時間 240分
メール最大保存件数 受信20000件/送信20000件
通信速度 FOMAハイスピード 送信5.7Mbps/受信14Mbps
OS Android 2.3
メモリ ROM 4GB・RAM 1GB
プロセッサ OMAP4430 1GHz デュアルコア
カメラ リアカメラ CMOS 1210万画素・フロントカメラ CMOS 32万画素
  手ブレ補正・オートフォーカス・フォトライト・高感度撮影(静止画のみ/最大ISO3200)
動画撮影 HD/1920×1080・MP4・フレームレート120fps・ズーム(12.5倍/17段階)
静止画撮影 3000×4000・JPEG・連続撮影1~50枚・ズーム( 5.7倍/12段階)
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth V3.0+EDR・プロファイル HFP/HSP/HID/OPP/SPP/A2DP/AVRCP/PBAP
日本語入力 iWnn

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する