オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

日本通信から発売されているHuawei(ファーウェイ)社製Android端末『IDEOS』:【3】アプリケーション編(アプリ選定のファーストステップ)

»

Blogtitle_huawe_ideos

【3】アプリケーション編(アプリ選定のファーストステップ)

ケータイ全般に言えることですが、特にスマートフォンでは、購入時ではできなかった多くの事がアプリケーションの追加やバージョンアップの提供により実現できてしまう事が多々あります。

Android端末も、購入した後に自分ならではの端末に仕上げるために、アプリケーションを入手することができるとうメリットがありますが、一方で、『どこ』で、『何』を、『どうなる』などの疑問も多く、その数は15万とも20万とも言われるアプリケーションですし、従来のケータイとは異なり、海外のアプリケーションで外国語でしか情報がない、外国語のメニュー・ヘルプしかないようなケースもあります。

このような多様なアプリケーションから自分にあった、自分に必要なアプリケーションを探し出すことと、それを使いこなすことは、端末やアプリが好きで楽しんでいる人以外にとってはかなりの手間と苦労がありそうということで、今回のアプリケーション編では、そのファーストステップとして、どこから、どのようにアプリケーションを選定するのかという点について、ざっとまとめたいと思います。

*

アプリケーションの入手は、従来ケータイならば、そのキャリア毎の独自マーケット・公式サイトを主に使用する方が多いかと思いますが、Android端末でも同様にGoogle社の公式サイトであるAndroidマーケットからのアプリケーション入手が一般的なスタートアップかと思います。

Android端末のAndroid Marketでさえも使い勝手の悪さが目立っていましたが、昨年バージョンアップにより大幅な使い勝手の向上、そして、2月3日(日本時間)にはPCからのAndroidアプリ管理やインストールを可能としたWeb版のAndroidマーケットがリリースされ、やっと使える状態になってきたという状況です。

Androidmarket01
Android Market TOPページ https://market.android.com/

Androidmarket02
My Market Account ORDERS ページでのインストールアプリケーション一覧

Androidmarket03
My Market Account SETTING ページ での端末一覧

-

同一のGoogleアカウントで複数端末を利用する際などには便利ではありあすが、旧来はAppBrainというサードベンダーのWebとAndroidアプリケーションの連携でこれらを担っていたので、機能の違いはあるものの、衝撃を受けるほどのリリースではなかったということと、従来のWeb版があまりにも何も機能がなかったということからすると、Androidビギナーにとって、スタートアップが楽になったという点で評価しています。

-

とはいえ、Androidアプリケーションを選ぶために、公式サイトからだけでは情報も不十分ですから、その他の情報を入手し、いろいろトライしながら最適なアプリケーションを見つけ出すということになるかと思います。

その情報入手経路としては、

  • 書籍
  • キャリア(NTTドコモ・au/KDDI・Softbank)・端末メーカの公式サイト
  • サードベンダーのアプリマーケットおよびアプリ情報・ランキングサイト

という3種類がキーになるかと思います。

書籍は、オンラインで購入もできますが、店頭で手に取って見やすいものを探すということでも良いかもしれません。 主要ターミナル駅や繁華街にある大きめな書店ならば何種類かのAndroidアプリ選定に役立つ書籍があるかとおもいます。

オンラインで、例えばAmazonであれば、『本』カテゴリで『Android -開発 -制作』にて検索すると(開発や制作を除いて検索)、Android端末やアプリを使いこなすための書籍がリストされるので、ご参照ください。

Amazon_android_2
Amazonにて「Android -開発 -制作」で検索

-

キャリア・端末メーカの公式サイトは、残念ながら日本通信・Huaweiともに対象外ということで除外します。

-

サードベンダーのアプリマーケット、アプリ情報・ランキングサイト は、かなり乱立状態となってきました。(特に海外のサイトも含めると数え切れないぐらいの乱立状態になりつつあります。) 今後も、Amazonなどの大手ベンダーまでも参入となるようですが、ランキングといえばオリコン、オリコンといえばランキングということで、同社のスマフォアプリランキングへの参入はこれら市場がホットであることの証明ではないかと思います。

以下、サードベンダーの情報ですが、これらから自分に最適なサイトであったり各サイトの特集やランキングを参照することで、最初のアプリ選びは大きく迷うことがなくなるでしょう。

-

◆サードベンダーのアプリマーケット

※Amazon.comのアプリストアに関するニュース(2010/09)
 http://techcrunch.com/2010/09/27/amazon-android-app-store/
 http://www.gapsis.jp/2010/09/amazonandroid.html

◆サードベンダーのアプリ情報・ランキングサイト
 (以下以外にも多くのサイトがありますが、とりあえずのリストです。)

-

◆キャリア・端末メーカの公式サイト例

上記のような情報をチェックするだけでもかなりの手間と時間が掛りそうですから、次回は私のレコメンドをいくつかご紹介したいと思います。

--

◆Huawei(ファーウェイ)Android2.2端末IDEOSを使ってみよう!特集

-

◆関連情報

-

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する