オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

100円均一のパーツを組み合わせてプチゴージャスな光るクリスマスツリーを作りました。

»

へんなアクシデントというかトラブルを吹き飛ばそうと、クリスマスに向けて用意していたパーツを使って、光るクリスマスツリーを作ってみました。

Christmastree01 Christmastree02

上からかぶせる星と吊るす星のセット、ミニツリー、雪スプレー(今回は使っていませんが)、雪の結晶のような飾り、点滅するライト(グリーン・レッド・イエロー)の何れも100円ですから、概ね500円~700円でできちゃいます。

ミニツリーは、多少の飾りがついているモノもあれば、シンプルな枝のみのもの、色もグリーン、ブラック、ホワイト、ブルー、ピンクなど、サイズもこのミニサイズから1m以上の大きなものまでいろいろとあるんですよね。

Christmastree03 Christmastree04

今回は、飾り付きのミニツリーで、ワイヤーに星が付いていたので、グルグルとはずしていきます。 そして、枝を1つ1つバラバラにほぐして、ライトのケーブルを巻き付けやすい状態にします。 

右は、点滅するライト。単3電池2本で、スイッチONにするとチカチカッと光ります。今回はグリーン・レッド・イエローの3色を購入しました。

Christmastree05 Christmastree06_2

3つのケーブルを麦球の位置を少しずつずらしながら、束ねていきます。 編むようにしても良いですし、ワイヤーなどで何箇所か固定するということでもOKです。

束ね終わったら、ツリーの下の方から徐々に上にまきあげていきます。 頂点までいったら少し戻って下の方に巻きつければOKです。

まきつけ終わったら、ワイヤーの星飾りを元に戻し、その他の飾りを吊るして、てっぺんの星をかぶせます。

海外なら、これはパパの大事なお仕事かと思いますが、お子さんがいる家庭ならば、是非ともお子さんにその役目を。(高さがなければ、お父さんの威厳で乗せる儀式も必要ないでしょうし、子供の喜びが大事じゃないかなぁと。)

Christmastree07 Christmastree08

横からみるとこんな感じで仕上がります。 

そして、点灯! うーん、写真じゃ伝わらない・・・ということで、動画でどうぞ。

   ↓↓↓

-

数人集まって、100円均一に買い出しに行って、一緒に作ると、パーツのバリエーションも増やす事ができて、より素敵なクリスマスツリーができると思うので、是非とも。
(子供1人に1つずつの工作タイムでも良いかもしれません。)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する