オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

家カレーで、ナンミックスを使った粉モノよりも、「自家製手打ちカレーうどん」の方が満足度が高かったという実験。

»

スパイスからちゃんとカレー作ったりもするわけですが、お手軽にナンを家で食べたいとなると

Nan01

ナンミックス!

楽勝です。

Nan02

捏ねて、伸ばして、フライパンで焼いて、バターをさっと表面に塗るだけで、

Nan03

はいっ、焼き立てのナンとカレーです。 いやっ、これはマジメに、オイシイし、お手軽で良いんですよ。

ところがですね、今日は、昼過ぎぐらいに、カレーの話題がTwitterのTL上でチラホラ出てきて、でも、カレー作ったばっかりだし、グリーンカレー(タイカレー)でもと考えてはいるのですが、ペーストじゃなくて、素材を揃えると、それは、結構な手間であったり、入手しにくい食材もあったりということで、急にはできないのです。

ならば、『カレーうどん』最近食べてないし、と思い立って、出汁とって、長ねぎをちょっと焼き色付けてとか

Curryudon
(昆布・鰹節のダシ、醤油・みりん・酒、牛乳、カレー粉、長ねぎ&豚スライスでカレー温汁のできあがり。)

やっていたのですが、、、ガビーーーン

うどんが無い。 乾麺も、生めん冷凍もなし。。。Twitterでぼやいていたら、

『小麦粉をねって 15分寝かせて、手でちぎり入れながら茹でる、すいとん風はいかがでしょう?』

というアドバイスのツィートが。

ナイスです。
そう、うどん作ればいいじゃないか! と、すいとんでも無く、うどんを作ることにしました。

Udon01

大事な分量ですが、薄力粉200g、強力粉100g、塩16g、水134gです。

Udon02 Udon021

菜箸の後ろ側でサックリとまぜ、束ねたらZiplocのような破れにくい袋に入れて、本当は踏んでコシを出すようにするのですが、まぁ、体重をしっかり掛けて、手で、潰すようにというか踏むように押します。

Udon03 Udon04

丸くまとめて冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。 その後、打ち粉(小麦粉)を撒いて、3mm程度の厚さにのばします。 麺棒なくて、小さなすりこぎで伸ばしているので、なかなか均一な厚さにはなりませんでしたが、、、

Udon05 Udon06

打ち粉をまぶしながら、伸ばした麺を折り重ねて、包丁で3mm~4mm程度に細切りしていきます。 切った麺にも小麦粉をまぶして、くっつかないように。

Udon07_2 Udon08

麺茹でですが、10分前後で(固さを見ながら)。 そして、水で締める。艶やかな手打ち麺。

Udon09

カレー温汁に出来たての手打ちうどん。 

ツルツル、シコシコ。 ウマかです。
(うどん麺が無く、予定外に2時間ほど遅くなった昼ご飯・・・夜ごはんです。)

お腹が空いていたので、2杯目は、汁にうどんを投入して、暖かい、フツーのカレーうどんを頂きましたが、何れも良いですね。

-

ナンミックスも良いですが、 自家製手打ちカレーうどん の方が10倍ぐらい満足度が高いような気がしました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する