オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

長浜ラーメン(乾麵)を頂いたので、辛ウマに仕上げる方法を考えてみました。

»

日頃は、とんこつラーメンのお店は、匂いに負けるので滅多に行かないのですが、家でなら、それは匂いもしないし、お好みの味に仕上げられるということで、頂き物の『長浜ラーメン』をいかに、美味しく食べるか、できれば辛くてウマいものに仕上げたいと。

-

Nagahamaramen11

こちらが頂いた長浜ラーメンのパッケージです。

とんこつバリバリのラーメンですよね。

家にはチャーシュー用の肉も、長ねぎも、ましてや紅ショウガもないわけで、パッケージと同じようにすることは、ハナから考えていないのですが、、、

そうだ!挽肉を唐辛子で辛くしあげて乗せちゃえばいいやんけー! ということで、早速。

Nagahamaramen01

味噌、刻み生姜、山椒、生青とうがらし、醤油、豚ひき肉。
(その他、ごま油、サラダオイル、豆板醤など)

しまった、ニンニクも、長ねぎも無い。。。まぁ、気にせず行きます。

Nagahamaramen02

青唐辛子を刻みます。

Nagahamaramen03

山椒をすり鉢でスリスリします。

Nagahamaramen05

フライパンにサラダオイル・ごま油を大1ずつぐらい入れ、暖まったところで、青唐辛子を投入します。

Nagahamaramen06

刻み生姜を投入します。(本当は、刻みニンニクをここで投入したいところです。)

Nagahamaramen07

生姜の色が変わったところで、味噌・醤油を投入し、手早く混ぜ合わせます。
(刻んだ長ねぎをここで投入したいところでしたが。)

Nagahamaramen08

豚ひき肉を投入です。塩を小さじ1ほどふったら、ヘラでばらしていきます。

Nagahamaramen09

豆板醤を投入です。辛めが良ければ大さじ3とか入れてもOKでしょう。 お好みで、麻辣醤(マーラージャン)を加えてもOKですね。
(刻みニンニクが無かったのですが、おろしニンニクのチューブものがあったので、ここで投入しちゃいました。)

Nagahamaramen10

しっかり炒めたら、ボウルに移します。 味見して辛みが足りなかったら、別な辛さを後から料理に足せばOKです。

-

このあと、麺茹でして、スープ用に沸かしたお湯に葉物(こんかいは、安い小松菜)を湯がいてザルに上げておきます。

スープをどんぶりに入れ、ゴマをどどっと大さじ1-2ぐらい投入。

スープ用のお湯をとうにゅうして、湯切りした麺を投入します。

Nagahamaramen12

仕上げは、小松菜と挽肉をトッピングして完成です! が、辛さ不足を補うのと、香りの強化ということで、ラー油を回しかけ、山椒をシェーカーでふりかけて、しっかり辛くて香りのよい、本来の長浜ラーメンの良さである「とんこつ臭さ」をかなりころしたラーメンとなりました。

-

辛くて、ウマいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する