オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

やっと動いた感のある政府の口蹄疫対策(対策本部設置・農家への財政支援検討)。そしてTwitterのRTで諸々の口蹄疫問題を情報拡散する際、今後はより伝わりやすい情報をRTして頂きたい。

»

本ブログタイトルの『TwitterのRTで諸々の今後の口蹄疫問題を情報拡散する際、より伝わりやすい情報をRTして頂きたい。』について、目にした口蹄疫問題を少しでも多くの人に伝えたいということで、RTが拡散している理由は良く分かり、また、とても良いムーブメントだと思います。
そこで、せっかくRTをリクエストするのであれば、RTして広めようとするのであれば、もう少し情報の含む140文字以内の情報をベースとして頂ければ、より効果・価値が高まると思いますが、如何でしょうか?

-

今夜(2010/05/17)のニュースですが、口蹄疫対策に1,000億という報道や、それを否定する財務副大臣、そして、政府の正式な会合での「100億~200億円」という情報の急激な変化も、困ったものだと思うのですが(憶測報道で、現場が一喜一憂すると言う意味で)

2010/5/17 21:09 政府、口蹄疫で対策本部 農家に財政支援検討
http://bit.ly/cPL7Zl

-

赤松広隆農林水産相の外遊中に報道が少ないのではないのかという疑念も、広く情報が行き交うネットでしたが、帰国後数日で、一定の進展があることは評価もしなければいけないかもしれませんし、もっと早くできたということも言えるかもしれません。

なぜこんなまどろっこしい話を書いているかというと、自身がTwitterでフォローしている方々のTLや、その周辺などの情報から、私自身としてできることの1つとして、ブログで取り上げることであると考えていたのですが、TV報道を見ていない(TVそのものを殆ど見ていない)ので、報道の状況がどうなっているかを調べてみたり。

例)
 ・報道監視まとめWIKI 『口蹄疫・報道規制疑惑』
  http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/92.html

 ・早川伸吾のブログ(東国原英夫の一番弟子のお笑い芸人)
  http://shingohayakawa.blog129.fc2.com/blog-entry-34.html

しかしながら、今本当にどうなっているのが判らないのです。

RTなどの山があり、今流れている情報が何でいつなのかということなのですが、1週間前の情報がかなりRTされていたりするので、Twitterでより強い世論を形成するためにも、

  • 一番伝えたい事を140字の一部で良いので書いて欲しい
  • 情報元の日付を入れて欲しい
  • 「大変」「問題」という感覚では無く、具体的に書いて欲しい

など、多少でも深く伝わるようになると、TLを流れ過ぎていってしまうのではなく、目にシッカリ止まり、伝わり、さらに興味をもてばリンク先の詳細情報をみたり、更になんらかの次のアクションに繋がりやすくなるのでないかと思います。

--

最後に、私的には、

・殺処分するためのヒトが足りない
 →自衛隊などの人定派遣はできないものだろうか?

・消毒などの必要なモノが足りない
 → どうやったら、物資を調達できるようになるのだろうか?

・対策に追われ、収益の無い事などからカネが足りない
 →政府の会合が始まりましたが、時間を掛けずに限定的でも良いので即決できないのだろか?

・地域が拡大し、対岸の火事のような事ではすまなくなるという情報が足りない
 → 他県などを含むエリア拡散のリスクと対策はどうなっているのだろうか?

といことで、疑問だらけであり、これ以外にも、いろいろな疑問を持たれているかたも多いのではと思いますが、

政府や県政には、現在 「何が問題で」 「どのような対策があり」 「いつから対策を実施できるか」 「何ができないのか」 を明示して頂きたいところです。

それにより、宮崎県の農家の方々など、少しでも安心できたり、時間的に、いついつまでがんばればという目標のようなものができて、もう少し頑張れる状態になるのではないかと思います。

--

以上、リサーチ不十分ですが、宮崎県東京事務所の方や、宮崎県出身の方々にもお世話になっており、早期に解決・収束に向かう事を願い、これからも、自身が何をできるか考え、行動したいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する