オルタナティブ・ブログ > 開米のリアリスト思考室 >

「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」ためには、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めるリアリスト思考が欠かせません。「考える・書く力」の研修を手がける開米瑞浩が、現実の社会問題を相手にリアリスト思考を実践してゆくブログです。

Android搭載NEC Life Touch NOTE を触ってきたのです

»
それは2月25日のこと。
開米は大手町のITmedia社内で開かれた NEC のAndroid搭載スマートブック、 Life Touch NOTE の体験イベントに参加してきたのでした。

IMG_0974.jpg
キーボードがあるので見た目はちょっと小さいノートPCかネットブックという印象ですが、OSはAndroid。
実はそろそろAndroid携帯を買おうかな、と思っているところだったので、興味津々でいじくり回しに来たわけです。

まあ、ちょっと小さいとは言ってもノートPCと並べてみるとこのサイズ。
IMG_0975.jpg

Skypeを入れたとしてもケータイ代わりに通話に使うわけにはいかなそうです(^^ゞ
ちなみにノートPCは隣にいた「かわりものや」さんのものでした。

以下、会場でいろいろ交わした会話をご紹介しましょう。なお、「Aさん」と記した相手は実際には複数いますが、特に個人名は記しません。

開米:うーん、使うとしたらノートPCかiPadの代替用途だなあ
Aさん:いつもその2つ、両方持ち歩いてるんですか?
開米:仕事の時は両方とも、仕事以外だとiPadだけ持ち歩くことが多いですね
Aさん:じゃあ、このLifeTouchNOTE使うならこれだけ持っていく感じになります?
開米:いや、それはないですね。僕の場合仕事に行くときは1024-768のXGA画面と外部ディスプレイ出力端子が必須なので、どうしてもノートPCです。代替するならiPadの方ですが・・・・

Aさん:iPadの代わりにこれ使うのはありですか?
開米:なくもないかな。やっぱりキーボードがあると文字入力快適ですね。
Aさん:iPadで文字入力してるんですか? まさか原稿書いたり?
開米:してるんですよそれが。さすがに原稿とかじゃないですけど、電車の中とか喫茶店でメール見て返事書いたりTwitterしたりするのにiPadでやってることが多いんです。
Aさん:電車の中でiPadですかあ。ひょっとして立ったままでも?
開米:そういうときもありますよ。あ、立ったまま使うにはiPadのほうが向いてますねやっぱり。
Aさん:マジっすか! どわ~!
開米:でも座ってキー叩けるならそのほうが入力はゼッタイ楽ですからねえ。ちょっと考えますね。新幹線の中とか、座ってまとまった時間が取れるときに原稿書くのには向いてそうですよね。さすがにiPadで長い原稿書く気にはなれませんから。

Aさん:じゃあ逆にマイナス点あげるとするとなんですか?
開米:画面サイズでしょうか。まあ、キーボードがある分しょうがないですけど、iPadのほうは画面が広いので「iPad版将棋世界」が雑誌と同じサイズで読めるんですよ! まあ将棋世界の電子版は今のところiPad版だけなのでAndroidじゃそもそも読めませんが・・・(^^ゞ
Aさん:まあそこはコンセプトの違いでしょうがないですね。
開米:そんな感じですねえ。キーボードは打った感じ快適に叩けるし、さすがに僕の名前は変換しなかったけど(笑)、ATOKが載ってるのはエライ!! 電池が9時間持つのもありがたい! うーん、iPad買ってなかったら購入考えてたかも!


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する