オルタナティブ・ブログ > モノを買わなくなった時代、ほな何やったら買うてもええねやろ? >

大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

Aja/Steely Dan(1977)

»

今回は、1977年発売のアルバム「Aja/Steely Dan」のタイトル曲:

aja.jpg

歌詞の意味をワザと曖昧にしてあるので(実際はかなり具体的な情景描写なのだが)、ここではあまり深読みせず(麻薬・SEX・ベトナム戦争によるPTSD等)、主人公が五感でとらえた目の前の「現実」を歌ったものだという前提で、ざっくりと意訳してみようと思います。

Up on the hill
People never stare
They just don't care
Chinese music under banyan trees
Here at the dude ranch above the sea

海を臨むこの丘の上では
人のことは詮索しない
菩提樹の木陰にチャイニーズミュージックが流れる
大人の楽園(dude ranch=観光牧場)

※丘の上:西海岸?あるいはアジアのどこか?
※チャイニーズミュージック:Jazzを揶揄する隠語でもある

Aja
When all my dime dancin' is through
I run to you

Aja
仕事を全部やっつけたら
オマエのところへ飛んで行くよ

※Aja:Asiaをもじったアジア系女性の名前
※dime dancin':小銭(チップ)稼ぎにダンスのお相手をする仕事
ここでは「金目当ての仕事を終わらせたら」という意味とします。
(ドラッグの隠語という説もある)

Up on the hill
They've got time to burn
There's no return

丘の上で人は
慰戯に身をやつす

Double helix in the sky tonight
Throw out the hardware
Let's do it right

遺伝子が宙に舞う
道具など要らない
直球勝負

※hardware:ドラッグ吸引の道具や性具等

Aja
When all my dime dancin' is through
I run to you

Aja
仕事をやっつけたら
オマエのところへ飛んで行くよ

Up on the hill
They think I'm okay
Or so they say

丘の上では
オレはイケてる部類らしい
(お世辞かもしれないが)

Chinese music always sets me free
Angular banjoes
Sound good to me

チャイニーズミュージックを聴くと気が安らぐ
三線(四角いバンジョー)の音色が心地よい

Aja
When all my dime dancin' is through
I run to you

Aja
仕事をやっつけたら
オマエのところへ飛んで行くよ

Donald Fagen - lead vocals, synthesizer, police whistle, backing vocals
Steve Gadd - drums
Chuck Rainey - bass guitar
Larry Carlton, Walter Becker, Denny Dias - guitars
Joe Sample - Fender Rhodes
Michael Omartian - piano
Victor Feldman - percussion
Wayne Shorter - tenor saxophone
Timothy B. Schmit - backing vocals

参考ページ:
https://songmeanings.com/songs/view/140474/

Comment(0)