オルタナティブ・ブログ > 事務局だより >

Various news of ITmedia Alternative BLOG

プロとアマチュアの違い カメラマン編

»

オルタナトークで盛り上がった話題を振り返るシリーズ、今回のテーマは「プロとアマチュアの違い カメラマン編」です。

まーね。機材とかテクニックとかは、努力や金でなんとかなりますのでね。自称プロや、玄人はだし、食えないプロなど、いろいろな方が存在するようです。特に写真は、シャッター押すのは一瞬だし、カメラの性能がよければなんとなくそれらしいものが撮れますもんね(小説家や役者、作曲家などは、作品1つ作るのにある程度時間がかかるので、少しハードル高し)。

で、大変興味深いエントリーが出そろいました。「絶対に結果を出す」「クライアントのニーズに応える」のはもちろんのこと、写真に写らない気遣いとか、想像力とか、あれとか、これとか。んーやっぱプロってすごいなー。

あと、もう1つ。
ある程度の大人だったら、みんな何かのプロだと思うんです。で、その分野に誇りを持ってると思うんです。だからね、人さまの分野にずかずか踏み込んで「プロ級」とか名乗るのはあまり素敵じゃないなあと。自分が同じことされたらいやでしょ?

あれ、なんか今日のわたし、説教くさいなー。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する